計算力テスト、計算と一行問題をバランス良く毎日練習できる問題集!

小学高学年・中学受験用 計算力テストとは、桐杏学園から出ている、中学受験用の市販問題集です。大きな書店の、参考書コーナーにはたいていあると思います。

小学高学年・中学受験用 計算力テスト

以前紹介した桐杏学園の、計算練習800題は、計算問題のみ 8題 × 100回 という構成でしたが、こちらは、10問 × 80回 で、1問から6問までが計算で、残りの4問が一行問題という構成です。

計算練習800題は、小学4年生版、5年生版、6年生版とあって、4年生版と5年生版は、前半60回くらいまでは、決まった単元の問題ばかり並んでいます。

たとえば分数なら分数が8問、少数のかけ算なら、小数のかけ算が8問、と言う具合です。で、後半の数十題は、総合問題になっています。ただし総合問題と言っても、全部計算で、一行問題のようなモノは載っていません。

6年生版は、第1回目から、総合問題です。ただし難易度別に、ステップ1からステップ4までという風に分かれていますが、やっぱり計算問題だけです。

しかし色んな問題を毎回解かせないと、子供というのはすぐに解き方を忘れますから、図形問題や一行問題も、毎回解かせたい。

そういうニーズにこたえられるのが、この小学高学年・中学受験用 計算力テストですね。


小学高学年・中学受験用 計算力テスト、長所と短所

小学高学年・中学受験用 計算力テストの長所は、計算問題が6~7問と、一行問題や図形問題が3~4題の、シャッフル問題がワンセットになっているところです。中学受験で必ず点数を取らなければならない必答問題をしっかり練習できるところが、うれしいところです。
10問 × 80回 と、分量も十分あります。

ただしコチラは、受験直前用で、小学校で習う計算が全部できるようになってからでしか取り組めません。ですので、使用開始時期は、5年生の終わりから6年生の夏前くらいになるかと思います。

また1回10問という分量も、結構多めですし、間違え直し等をしたら1時間くらいはかかるので、毎日必ずやると言うのも、かなりハードです。

さらに活字もちょっと小さいです。こういう問題集なら、B5版以上でもいいはずなんですが、なぜかA5版で出版されています。おそらくは、同社の問題集である計算練習800題のサイズに合わせたのでしょう。ただダ使い勝手としては、このサイズはちょっと疑問ですね。

同様の教材に、塾教材の『算数の達人』(つむぎ出版)という教材がありますが、こちらは5問で1回分になっています。
家で30分くらいしか時間が取れないなら、塾に頼んで取ってもらってもいいでしょう。

必答問題を確実に正解する。これは大学受験でも中学受験でも、一番簡単で王道の合格法だと思います。
そのためのトレーニングには、時間を惜しんでは行けません。