受験算数の裏ワザテクニック、知らない解き方があったら要チェック!

受験算数の裏ワザテクニック 図形編とは、文英堂から出ている中学受験用の参考書です。
文英堂といえば、高校数学の参考書でおなじみの、あの『シグマベスト』を出している出版社です。
そしてこの一冊も、シグマベストシリーズの一冊となっています。

中身は、図形問題の要領のいいとき方を、集めたものです。
形は異なっても、面積はおなじという、いわゆる『等積変形(とうせきへんけい)』の話などから、スタートします。
図形の形を、どう分解するかとか、シルエットを考えてみるとか、組合せを考えてみるとか、そう言った解法が、30コくらい載っています。その後、立体や相似、角度などの解き方のコツと、続いていきます。

ただしこの本は、メインの問題集として使う本ではなく、分野別参考書です。
この本だけで図形問題を学習するものではなく、図形問題がうまく解けなかったときに、見る本でしょう。

時期的には小学校6年の初め頃~夏休みあたりに、全部知っているかチェックするために使う本でしょうね。
入試の2~3ヶ月前でも役にたつでしょうが、子どもが覚えてすぐに使えるようになるかと言えば、期待薄です。
もちろん、メキメキと学力を上げるお子さんもいらっしゃるでしょうが、図形問題とか、面積図を使う問題などは、理解するのと使えるようになるのとは、別の話です。

このシリーズには、他にも何冊か出ていて、いろんなノウハウが載っていますが、苦手な問題の解き方のところだけ見るという形で勉強するといいでしょう。


受験算数の裏ワザテクニック 図形編 (シグマベスト)

頭の体操のために使っています。タイトルの割には、基本に忠実なところも少なくありません。しかし、裏ワザという名のテクニックも入っています。塾に行っていなかった私には、知らなかった知識もあります。このテクニックは便利でよいのですが、どうしてそのようなテクニックになるのかという解説はあまり親切ではありません。算数の本質を学ぶには不向きだと思います。ただ、問題が簡単で量も多くはないので、苦手な方の導入には向いているかも知れません。

★もっと詳しい情報を→受験算数の裏ワザテクニック 図形編 (シグマベスト)