脳内誤変換との戦いに勝利せよ(3)回転率

脳内誤変換を、どうやって修正するかという話の続きだ。

脳内誤変換というのは専門用語じゃないので、
どういう言い方が正しいかは、よくわからない。

記憶のすり替わりと言っても良いし、
ロン・ハバートの「勉強の技術」風に言うと
誤解語」(間違えて覚えてしまった言葉)と呼んでもいい。

ただ、記憶が脳の中で別の記憶に置き換わったり、
別の記憶が出てくるという意味で、
脳内誤変換という言葉が良いんじゃないかと思っている。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

なら、枯れた尾花を見て、
脳内でそれを幽霊に誤変換しているってことだ。

でまあ、この誤変換がどういうきっかけで起こるのかは、
全然知らないので、これはまた分かったら書くことにするけれど、
おそらくは、似たようなモノがあれば、
新しい方に書き替わるってことだろう。

まあ小数の計算に関しては、
掛け算も小数点を揃えてやる子供がいたりするので、
新しい方に書き替わるというのも、確実な話じゃないが。


できる子供は、回転率が速い

で、何が言いたいのかというと、
誤変換を修正するには、
誤変換が起こる割合よりも
修正する割合を多くする必要があるって事だ。

10回に1回間違えが起こるなら、
少なくともそれよりも大きい頻度でそれを修正する必要がある。

となると、確実に脳内誤変換を修正するには、
それなりの高い回転率で学習する必要がある。

つまり、


  1. 問題を解く

  2. 答え合わせをする

  3. 間違えた答えを直す(間違えを調べる)

  4. もう一度問題を解く・似た問題を解く


というPDCAサイクルを、
たくさん回せればいいと言うことだ。

そう言う視点でできる子供を見ると、
やっぱりできる子供というのは、
回転が非常に速い。

できる子供とできない子供は、
同じ教室で並んで座って勉強していても、
回転率は3倍から5倍は違う。

計算スピード自体違うので、
10倍違う場合もあるかも知れない。

勉強量が10倍違えば、成績が全然違うのは、当たり前だ。

親子で楽しむ学び方 LEARNING HOW TO LEARN