子供の成長を待つ事の是非(1)

小学生時代の子供というのは、発達段階にムラがある。

10歳前後の子供の場合、4月生れの子供と3月生れの子供の差は大きい。

また早熟な子供と晩成の子供がいるし、兄弟姉妹関係によっても差が出る。

上に兄弟がいると、上に引っ張られてできるようになる子供もいる。

しかし弟や妹が勝手に勉強できるようになるかと言えば、そうでもない。

上は普通にできるのに、下は全然できない子供も多い。

親の小言や家の仕事を上の子供が全部引き受けてしまって、
下はずっと遊んでいるような場合やね。

そう言う場合は、学習障害を持っていることも多いようだが、
ウチの弟なんかもそのタイプだった。

弟にはひらがなを逆さに書いてしまうクセがあって、
いわゆる鏡文字・識字障害というヤツだ。

中学の時に成績があまりに悪いので、親がビックリして塾にやった。

弟は中3の時に必死に勉強して、私と同じ地域2番手高に通り、
結局、阪大経済学部を卒業した。

だから勉強するクセ自体が付いていれば、
やる気とコツさえつかめば伸びる可能性は十分にある。


人間の脳は十人十色

人間の脳というのは、十人十色らしい。

遺伝によっても違うし、子供自体に大病をすると、
脳の機能の一部がうまく働かなくなることもある。

われわれ人間は、「言葉を使う能力」を共通の能力として持っている。
が、「文字を読み書きする能力」は元々持っていない。

つまり文字の読み書きは、トレーニングしないとできないものだから、
日常的に読み書きのトレーニングをする習慣がないと身に付かない。

だからオール5取るような子供の脳が正常で、
オール1の子供の脳が異常だと言うこともない。

勉強する習慣が付いていないために、
成績が悪いだけかも知れない。

また親から成績を求められてこなかったから、
勉強しなかっただけかも知れない。

なりは完全に不良のなりをしているのによくできたり、
賢そうな面構えなのに、勉強が全然できなかったり。

単に勉強習慣のあるなしで、成績は天地の差が出ることもある。