国語の成績が悪いのは(26)表現することの難しさを知れ

言は意を尽くさず、書は言を尽くさず。

言葉には限界がある。
言語では、伝えたいことを全て伝えることができない。

言葉は、書き手と読み手という二つの存在があってこそ、
伝わるものであって、それがないと伝わらない。

たとえば「リンゴのような甘さ」と書いても、
読む人が「リンゴの甘さ」を知らなかったなら、
この表現は伝わらない表現になってしまう。

つまり書き手がいくら工夫して文章を書いても、
読み手にそれを読みとる力がなければ
何にも伝わらないわけだ。

そしてそれを伝えるために、図や絵というモノがある。
グラフや表というのも、そのためにある。

私が日記より、絵日記の方を奨めるのは、
言葉だけでは、全てを伝えることができないからであり、
またそれが図示やグラフや表の利用にもつながっていくからだ。

図示することは、数学力養成のためにも必要であるし、
ビジネスなどでも必要なスキルである。

他人に言いたいことを分かりやすく伝えるには、
絵や図やグラフや表といったモノを
使いこなせる総合力が必要なのだ。

ところが、国語だけを教えている講師の一部や、
プレゼン力の重要性が分からない親には、
ここのところがよく分かっていない。

だから子供に文章ではなくて絵日記を書かせると、
文句を言われたりする。

漢字の止めはねの細かいことで、電話がかかってきたりする。

モノを伝えるために、止めはねなんて重要なことでも何でもない。
いくら字がキレイでも、説明出来ないのでは仕方がない。

言葉で表現出来ることには限界があって、
その限界のある言葉を使って文章が書かれている。

これが実感を伴って分かるだけでも、
国語の成績はだいぶ変わるはずだ。