単位変換は分数でやる。

単位変換の話の続き。

シンプルな単位変換ができるようになったら、
次は少し複雑な単位変換の計算に取りかかる。

時速を分速に直すとか、分速を時速に直すとか、そう言った計算だ。

これも分数で計算するが、二階建てになる。

下の問題のような感じ。


tanihenkan2.gif


さらに複分数で計算。


tanihenkan3.gif


分数の中にさらに分数があるというのは、
小学生にはちょっと難しいかも知れないが、
分数も単に数字だから、ということを理解してもらえばいい。

ちなみに複分数が出てくるのは高校からだが、
見慣れないだけで、計算自体はそんなに難しいわけではない。

慣れの問題だし、できるようになると単位変換はグッと楽になる。

こういうやり方は、高校の化学の物質量の計算(モル計算)になると、
真価を発揮するので、大学受験を見据えて、早いウチになれておいた方が良い。

わかりにくければ、こういう風に分解して計算しても良いだろう。


tanihenkan4.gif

分数というのは、わり算だって事が分かっていれば、そんなに難しくはない計算だ。