9月模試の失敗は一時的なものではない

9月の統一合判模試の結果が返ってきた。

うーん、物凄く偏差値が下がっているヤツがいるなあ。
偏差値50くらいから、一挙に40前後まで落ちている。

予想はできたが、これほど下がっているとは。

親御さんにしてみたら、
夏期講習で何万円も余分に払ったのに、
これって一体何?と言う気分だろう。

だけどこれが現実

6年生の9月からの模試の偏差値が、合格不合格を占う本当の偏差値。

理由は簡単で、夏休み以前の模試というのは、
範囲が限定されている模試だ。

ここからここまで、と言う風に、出題される範囲が限定されている。

中学や高校の定期テストのようなもので、本当の実力テストではない。

そして範囲の指定がしにくい国語などでは、
ある程度、難しい熟語などが入っていない、
比較的易しめの文章が出題されている。

だから試験前にしっかり準備していれば、ソコソコ良い点数がとれる

なぜかというと、しっかり模試に準備しないで受験している子供も多いからね

特に、独自のカリキュラムで模試を行っている中学進学塾、
たとえば四谷大塚とかサピックスとか日能研なんかでは、
他の塾と違うカリキュラムで勉強しているので、試験範囲がそれぞれ違う。

  • 四谷大塚
  • サピックス
  • 日能研
  • 統一合判模試

それぞれ模試の範囲が異なるので、
四谷大塚やサピックス、日能研などの系列塾に通っている生徒が
統一合判模試を受けた場合、対策しないで受験するので
成績がさほど良くならないって事だ。

ところが9月からの模試というのは、どの大手塾でも
「全範囲」が出題範囲の模試になるので、
他塾に通っていても条件は同じになってしまう。

そうなると、模試に対する準備をしている・準備をしていない、
ということは点数にあまり響かなくなってくるので、
模試対策だけで点数を取っていた生徒は、
一挙に成績・偏差値が落ちると言うことが起るわけだ。

これからは、他塾に通っている生徒も、
スケジュールが合えばドンドン受験してくるので、
受験者数(母集団)も試験ごとに増えていく。

これからの模試での偏差値が、
実際に受験する中学を選ぶ本当の資料になる。

合格安全圏に達している学校より、
偏差値が下の学校を受ける事になるはずなので、
早めにそれらの学校を下見しておいた方が良いね。

現実というのはそんなもんです。