男の子は、とかく自分のやり方にこだわる

男の子というモノは、
とにかく自分のやり方にこだわる子供が多い。

しかしそれは男女の性差であって、
こだわらないように親が言ってもムダである。

「男の子の脳、女の子の脳」を読むの方でも書いたが、
男の子と女の子は、生まれたときから住んでいる世界が違う。

というのは、男の子の多くは「耳が聞こえにくい」ので
大声で話さないと、こちらが言っていることが頭に入らない。

だから男の子ばかりの家庭では、
大声でお母さんが怒鳴ると言うことになる。

逆に女の子の場合は、男の子の1・8倍も耳がよい。

なので男の子に対する話し声の
半分くらいの大きさの声でも十分に声が聞こえるから、
男の子に大して話すような大声で話すと、逆に怖がってしまう。

なので女の子だけの家庭では、
お父さんもあまり大声では話さなず、
どちらかというと静かな家庭になる事も多いはず。

そう言う違いが元々あって、だから性差をよく知らないと、
どだい無理なことを子供に押しつけて、
子供が出来ないと言っては親が怒ったり悩んだりする羽目になる。

でまあ、さいしょの「男の子はとかく自分のやり方に固執する」という話だが、
女の子はどちらかというと、人と一緒に何かをするのが好きなので、
親や先生が一緒にやってみせれば、同じ事をきちんとやってくれる。

漢字の書き取りや計算なども、親が一緒にいて、一緒にやって上げれば、
それをやるようになっていくことが殆どだ。

ところが男の子の場合、同じように一緒にやって上げても、
やり方が気にくわないとやらない。

男の子はとにかく自分のやり方でやって成果を出そうとするから、
人のやったやり方を真似てやるというのは、本分ではないのだ。

となれば男の子に対しては、
成果に対して賞品を与えるという方法の方が効果が出る。

女の子は、一緒に何かをやることを好むので一緒に勉強してあげて、
男の子は、自分のやり方で成功することを好むので、
結果を出せばほうびを出すという形でやって、
うまくやったらほめてやればやる、ということだね。