男の子は、動くモノに反応するが、色には鈍感

男の子と女の子では、
子供の時から興味が大きく違う。

というのも男の子の目と女の子の目は、
性能に色んな違いがあるからだ。

男の子と女の子の興味はなぜ違うでも書いたが、
男の子の目というのは、動くモノに反応しやすくなっていて、
動くモノを追いかけるのが大好きだ。

しかし実は色には鈍感で、オレンジ色や黄色などの色には反応しにくい。

一方女の子の目は、オレンジ色や黄色、緑色に反応しやすく、
赤やピンク色にも敏感に反応する。

しかし動くモノをめで捉えるのは苦手で、あまり反応しない。

この違いは、性染色体であるX遺伝子(DNA)に、
目の視細胞を作る情報が載っていることによって起こる。

色を見分ける細胞は、錐体細胞と言うのだが、
これには3つの種類があって、

  • 赤色に反応する細胞
  • 緑色に反応する細胞
  • 青色に反応する細胞
がある。

この数が、見分けられる色の数に関係してくるのだが
女の子の場合は、X遺伝子を2つもっていて、
目の真ん中あたりに密集している。

なので女の子は、色の付いたものが好きで、
しかもそれをまっすぐじっと見る傾向がある。

ベージュなど、肌色に敏感なので、
人の顔をじっと見ていたりする。

ところが男の子の場合、X染色体を1個しか持たないので
色彩に鈍感な傾向がある。

その代わりに、色の濃さに反応する桿体細胞がたくさんあって、
しかも脳への神経も太い。

この細胞があるおかげで、暗いところでもモノが見えるのだが、
目の内側の中央以外にあるので、キョロキョロしないと見えない。

要するに男の子の場合、
自分の真正面にあるモノよりも、周囲のモノの動きに敏感だ。

目の前のモノに集中できないと言うのが男の子の特徴で、
だからいつもキョロキョロして、ムシや電車や飛行機など、
動くモノに目を奪われてしまうわけだ。

こういう違いを知っているかどうかで、子育ても変わってくるだろう。