B判定(合格圏)の学校なんか受けてもらいたくない

中学受験の模試でA判定なのに、
志望校の過去問を解かせてみたら、
全く合格点に届かない。

過去問集に載っている受験生平均点にも届かない。

そういうことってよくあることだ。

ところが親御さんというのは、
模試でA判定(安全圏)が出ていたら、
もう受かって当然という感じだから、
塾の講師は冷や汗をかく。

特に親御さん自身が厳しい受験を経験していないと、
おっしゃることが浮世離れしていて、全然話が通じない。

模試の偏差値というのは、
あくまでも同じ試験問題で比べた場合、
受験生全体でどれくらいの位置(席次)に
いるのかというのを表示したもので、
実際にそれで合格できるかどうかは保証されない。

出題傾向によって、取れる点数というのは変わってくるし
出題形式によってもそれは変わってくる。

だから模試のA判定というのは、
合格できる確率80%くらい、
B判定というのは合格できる確率60%くらい
と言う風に表示してあるわけだ。

A判定・安全圏でも2割も落ちる

模試のA判定というのは、
合格できる確率80%くらい、
B判定というのは合格できる確率60%

つまりA判定(安全圏)でも2割は落ちてしまうわけで、
B判定(合格圏)だと4割も落ちてしまう。

4割も落ちたら、もう一か八かみたいな受験で、
ハッキリ言ってそんな学校、受けてもらいたくないくらいだ。

だけど親御さんは「合格」という文字に惑わされて、
「受験します」って言っちゃうんだよねえ。

で、問題なのが、過去問をやってみると、まるで点数が取れないこと。

塾のようなホームグラウンドで合格点に届かなかったら、
入試本番で合格するなんて夢のまた夢の話なんだが、
それをどうやって合格圏まで持っていくかが難しい。

国語の場合はハッキリ言って無理と言うしかない。
マグレで受かってくれと祈るくらいしかない。

問題は算数。

算数って出題パターンがハッキリしていれば、
解き方が限定されてくるので、なんとかなるかな?
...とも思ったりするけど、
入試本番はやっぱり実力が出てしまう。

でも小学生のやることだから、
確実性が殆どないと思った方がイイ。

入試当日、お腹が痛いとか言い出して、
顔が真っ青になったりして、メタメタになる子供なんて、
毎年たくさんいるからね。