面積が分からない子供

面積が分からない、
面積が理解できない子供というのがいるそうだ。

学習障害で、計算が出来ないという障害があって、
女の子などがこれになるとかなり大変だが、
面積が分からないと言うのは珍しい。

そう言う話は聞いたことがあったが、
まさか自分が教えている子供が、
面積の計算が出来ないとは思わなかっった。

面積なんて、ものすごく簡単な考え方だ。

1センチ四方の正方形が
10個入れば10平方センチメートル。

1メートル四方の正方形が
100個分なら100平方メートル。

基本的には、たったこれだけの理屈であるが、
どうも簡単すぎて理解できないらしい。

ただ数えるだけなんだけれど、なぜかわからない。

そしてこういう子供は5年生になって、
三角形だとか平行四辺形の面積を計算する段になると、
もうまったくついていけないようだ。

自分が手を動かさずに、誰かに手伝ってもらうことに慣れているタイプなのか、
面積をワケの分からない量だとでも思っているらしい。

学習障害の人は、空間感覚に優れている人が多いらしいが、
それとはまた別らしい。

とにかく基本の正方形が何個はいるか毎回描かせて、
根気よくやらせるしかなさそうな感じだ。

アールとヘクタール 面積の定義

面積は学年で言うと、小学校4年生で習うことだが、 4年生で既にアールとかヘクタールまで学習する。

アールとヘクタールの定義

アールとかヘクタールというのは、
簡単に言うと農地の面積を表す単位で、
1アールは10メートル四方の正方形の面積と同等。

1ヘクタールは100メートル四方の正方形の面積と同等。

計算式としては

1a(1アール)=10m*10m=100m^2 (100平方メートル)
1ha(1ヘクタール)=100m*100m=10000m^2(1万平方メートル)

と言う風になる。