ふくしま式 国語問題集は買い!

ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集、
...というシリーズを3冊買ってみた。

塾の生徒、小学校4~5年生向けの
国語の教材を探していたところ、
この問題集を見つけたのだ。

これを作ったのは元国語教師であり、
現在は国語専門塾を経営している先生で、
小中学生にいかに国語を学ばせるかに
真剣に取り組んでいる方らしい。

さっそく注文して届いた本を開いてみると、
「こ、これは素晴らしい」という内容でびっくり。

この本は反対語(反義語)が1ページに1セットずつ、
100コ載っているのだが、
関連する反対語も4~5セット併せて載っており、
反対語のみならず、同義語や似た語彙も学べる仕組み。

たとえば「外」と「内」のページでは、「外面」「内面」とか
「ポジティブ」「ネガティブ」といった語彙も紹介している。

ページの下半分の練習問題では、
関連語も含めて練習する仕組みになってる。

穴埋め式の語句選択の問題が多いが、
記号でなく漢字で書かせるところも、塾の先生らしい気遣い。

記号で書かせると子供はいい加減に記号を書きかねないし、
実際に字を書かないと覚えられないからね。

全ての漢字にルビが振ってあるので、低学年の子供でも使えるかも。
さすがは国語専門塾の先生が作った問題集というところか。

レベル4では中学受験に出てきそうな抽象語の対比もあり、
国語力がない中学生・高校生にも使えそうな内容。

A4サイズなので、そのままコピーして使うのにも便利。

自由作文風の問題はちょっと小学4年生には難しく
もう少しだけ練習問題がたくさん欲しいところかな。

あるいは復習問題がもう少したくさんあっても良いかも。

★ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集

次は語彙ではなく、「言い換え(具体と抽象)」「くらべる力(比較)」
「たどる力(因果関係)」という3つの表現をベースにした問題集。

★ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

3冊目は、国語の問題に多い「選択肢」を選ぶ問題に焦点を当てた問題集。

現代文のカリスマ講師・出口ひろしさんの言う「イイスギ」など、
選択肢のウソを見破る技や、自分で選択肢を作ってみるなどという問題がある。

中学受験の模試で、選択肢問題の正答率が低い子供には必須かな。

4つの選択肢しかないのに、3回間違えるという子供というのもよくいるし。

★ふくしま式「国語の読解問題」に強くなる問題集〔小学生版〕