子供に与えるインセンティブがわかる本

「習慣教育」を唱える今村暁さんは、全国模試で日本一の小学生を6人も出したという、横浜の学習塾の塾長です。

 

ここは元々、不登校児を預かる塾でしたが、子供に目標を見つけさせ、それを追い求めることをベースに、子供を指導されて結果を出されているようです。

 

私も、目標を決めることを大きな項目で書いていますが、目標がないのに努力することは非常に難しいことです。

 

目標があってこそ、それを達成することに喜びを感じますし、それを達成するために何をやればよいかを求めるわけですね。

 

できれば大目標を見つけ、それにたどり着くための中目標、そして毎日・あるいは毎週に達成できるような手近な小目標という風に、目標を細分化するってことが大事でしょうね。

 

まあただ、大目標というのは、実は一番難しいことなんですけど。

 

一番重要なのが、「子供に与えるインセンティブ」ですね。

 

インセンティブというのは、人間を特定の方向に行動させるエサのようなものです。

 

馬を走らせるために、鼻先にぶら下げるニンジンというのが、よくあるたとえです。

 

習慣教育では、インセンティブという言葉は使っていませんが、どういうインセンティブを作れば良いのか、与えればよいかが鍵となるようです。

 

私が一番ハッとしたのは、「成績が上がったら小遣いを増やす」というインセンティブを与えられた子供が、中学生・高校生になったら、勉強する気が起こらなくなったという例です。

 

勉強=お金という対応関係が子供にできてしまって、お金にならないなら勉強する気が起こらないということが起こってしまったという話です。

 

お金や高価なモノをインセンティブとして使うと諸刃の剣(もろはのつるぎ)で、その後のやる気を削いでしまうというのは、気を付けなければならない話ですね。

 

うまく行ったらほめる、ちょっとしたモノをご褒美としてあげる、欲しがっていた本を与える、遊びに行く、この程度でしょうかね。

 

インセンティブについては、一度まとめて考えてみたいですね。

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加