基礎力がなければ裏技なんて使えない

12月になった。

 

関西ではもう中学入試まであと5週間。

 

関東でも、入試本番まであと7週間だ。

 

ここまで来たらもう、学力を伸ばすよりも
基礎力を再確認した方がいいだろう。

 

「知ってる」と「できる」は違うし、「できる」と「解ける」は違うし、「解ける」と「速く正しく解ける」は違う。

 

「できる」ことであっても
入試では「速く正しく解ける」でないと意味がない。

 

問題を見た瞬間、解法がひらめく、あるいは解き出せる、そういうスピードが必要だ。

 

そのために大事なのは、基本問題に対する解答速度と言うことになる。

 

そして問題文を読む力。

 

国語でも算数でも、問題文を読んで、何が書いてあって、何を答えないといけないのか、すぐに掴めないといけない。

 

そのためには、

  • 漢字や言葉の知識がすらすら理解できること
  • 計算や一行問題がスラスラ解けること

が重要になる。


 

6週間あれば、薄っぺらい問題集なら一冊できるから、成績が安定しないなら、基礎問題集をもう一度やり直した方が、子供の将来にとって必ずイイ結果をもたらすだろう。

 

基礎力がないのに、裏技なんて使えないってことを、子供にはしっかり教えよう。

 

中学受験 算数のコツ・裏技

 

中学受験 理科のコツ・裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加