国語の成績が悪いのは・・・(6)ヒステリーの傾向がある子供

何か分からないことがあると、すぐに他人に聞く人がいる。

 

聞くこと自体は良いことだと思うが、答えがすぐに得られないと腹を立てる人がいる。

 

他人がちゃんと説明しないと怒ってばかりで、自分では結局、ほとんと何もしない。

 

自己チューとか、ヒステリー持ちだとか、そう言うタイプだ。

 

こういう人と一緒にいると、ものすごく疲れるし、仕事の同僚にこういう人がいると作業効率が一気に落ちる。

 

何せ自分中心に回りを動かそうとするし、回りが動かないとヒステリーを起こす。

 

自分に対する要求レベルはかなり低く、他人に対する要求のレベルは高い。

 

こういうタイプの子供の場合、国語というのはけっこう難しい単元だ。
というのも、他人の心情を考えると言うことが、できないからだ。

 

常に自分が中心で、自分の思うように行かないことには腹を立てる。

 

これでは物語文や小説の登場人物の心情など、考えようもないわけだが、ごくまれに良くできる子供もいる。

 

ただし説明文や論説文など、理解に時間がかかるような問題は苦手だったりする。

 

 

頭の回転が速ければ、良いってわけじゃない
ヒステリックな傾向を持つ人というのは、頭の回転が速い。

 

頭の回転が速くて、しかも自分ができないことを無意識に知っている。

 

できないことを突かれるのがイヤなので、他人になんだかんだ理由をつけて無理難題を言い出す。

 

 

しかし頭の回転が速い人というのは、案外、理解が遅い。

 

理解するって言うことは、自分が持っていないイメージを
新しく頭の中に作ることだが、複雑なモノの場合、それを頭の中に作るのは難しい。

 

頭の回転が速いがゆえに、シンプルな理屈はすぐに理解するが、複雑な理屈はなかなか理解出来ない。

 

理解出来ないとイライラして、結局なんだかんだ理由をつけて
やらないという悪循環だ。

また頭の回転が速いから、重要事項も、枝葉の事項も、同レベルで考えてしまい、覚えるべき事と、どうでも良いことの優先順位が分からない。

 

他人が「重要だ」と念を押しても、それを覚えようとしない。

 

「もっと他に大事なことがあるんじゃないか」
「こいつ、何か隠しているんじゃないか」
などとドンドン考えるらしい。

 

そうするといても立ってもいられなくなって、枝葉の方向へ突進する。

 

結局、メタ認知ができていないと言うことで、成績が上がらない一つの原因になる。

 

しかしこう言うのは、学習障害ではなく一種の人格障害
(境界性パーソナリティ障害)や不安症の疑いもある。

 

家庭での対処法としては、食事を変えてみるのも良いかも知れない。

 

具体的には、

  • 揚げ物を避け、魚を増やす。
  • マーガリンをやめてバターにする。
  • ショートニングを使ったおやつ(クッキーなどの焼き菓子)は避ける。
  • EPA、DHAなどの入った食べ物やサプリメントをのませる

などの方法があるようだが、油に気をつけることは特に女の子には良いので
子供にそんな障害がなくても変えたいところだね。

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加