東大生のノートはいつも美しい?

『東大合格生のノートはかならず美しい』という本、最近書店で、平積みされている。

 

コクヨとの共同企画で、ドット入りノートというのも作られているが、あれを見て、ちょっと考えた。

 

「これって、一ページ書くのに、何分くらいかかっているんやろう?」と。

 

たしかに、ノートを自分なりにうまく整理して、きれいに書けていると思う。

 

だけど、勉強がそこそこの子どもでも、かなりノートをきれいに作っている人というのは、たくさんいる。

 

たいていは女の子だけれど、きれいに色分けしたり、ダイナミックにノートを作ったりしている。

 

しかし、見ていると、ノートを作っている時間が長いんだよね。時間がかかりすぎる。

 

そしてもう一つ違う点がある。

 

東大生は、ハッキリした目的を持ってノートを作っている

 

そしてそれは少なくとも『きれいなノートを作るという目的ではない』ということだ。

 

もう一度見たとき、自分にとって要点が見やすいとか、自分にとって暗記するときに使えるとか、自分にとって忘れやすい公式の導出過程がわかるとか。

 

そういう『自分で使うために、自分向けにカスタマイズ』して、自分のノートというのを工夫して作っている。

 

変な話、自分用のトレーニング器具の1つとして、それを作っている。

 

つまり彼らの頭の中では、自分にとって何が必要で、何があればよいか、わかっているわけだ。

 

ノートがきれいになるのは、自分で見やすくなるように工夫する心があったから

だから、ノートが必要ないと考えている人は、テキストでも問題集でも、何にでも書き込んだりしているし、きれいなノートを作っていない人もいるはずだ。

 

参考書に付箋を貼って大事なことを書いたり、問題集にもいろんな独自の印を付けて、テスト前は必ず復習するって決めていたりする。

 

つまり、彼らのノートがきれいなのは、東大合格者の『工夫する心』があってこそのことであって、形をマネしただけではどうしようもない。

 

英単語を覚えるのに、単語カードを作るヤツもいるし、単語のリストを作るヤツもいる。

 

はたまた単語本にいろいろ書き込んで、それを見ながら覚えるヤツもいれば、ボイスレコーダーに吹き込んで聞きながら覚えるヤツもいる。

 

自分にとって、覚えやすい方法を工夫したり、見つけたりするやつが、東大に合格するのであって、マネをするヤツはダメだと思うが、どんなもんだろうか?

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加