子供の成績が上がったり下がったりする理由

お子様の学習状況を調べるために、前回、ちょっとしたチェックをやってもらいました。

 

お子様の過去の模試や月例テストの答案を持ってきて、必答問題が9割以上正解を出しているかどうかです。

 

これが出来ていれば、次のフェイズ(ステップ)に進んでも構いませんが、7割とか8割では『話になりません』。

 

入試本番では、もっと難しい問題が出ますので、それでは合格はおぼつかない。

 

一方、「必答問題が9割解けなくても、他で点が取れればいいんじゃないの?」
という考えも、あるでしょう。

 

もしかしたら、あなたのお子様も、そんなことをおっしゃるかも知れません。

 

しかしそれではダメです。
というのも必答問題以外でとった点数なんか、しょせんマグレなんですから。

 

言ってみれば、タマタマ解ける問題が出て、偶然解けたっていうだけです。
だから次回も解けるとは限りません。

 

こういう子供は、成績が乱高下します。
そしてやがて、よい成績が取れなくなっていきます。


試験というのは、たいていの場合、必答問題を完答して、そしてさらに点数を上乗せするのがセオリーで、必答問題で点数がとれないから、他で取ろうなんてバカな作戦はありません。

 

それがわかってないから、点数が乱高下するんです。

 

必答問題は、必ず正答をださないといけない問題なんです。

 

そしてそのために、しっかり準備(勉強)しなくてはいけません。
これ、受験の常識です。

 

そりゃそうでしょう。必答問題が解けないのに、それより複雑な問題が解けるワケなんかないんですから。

 

だから、あなたのお子様がもし、必答問題で満点が取れない状態なら、やるべきコトは塾の宿題や発展問題ではありません。基本問題です。

 

今すぐ、お子様が塾から持って帰った山ほどの宿題をより分けて、基本問題以外はしなくてよいと、教えるべきでしょう。

 

そして代わりに、計算問題や一行問題などのドリルを、お子様に毎日やってもらうように、仕向ける必要があります。

 

でなければ、あなたのお子様の中学受験は、ただのギャンブルになってしまいます。
お子様の人生も、ギャンブルになってしまいかねませんよ。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加