転塾のリスク 塾を辞めない方が良い場合

教育というのは「結果オーライ」的なところが多い。

 

つまり成績が良ければ、とりあえずOKだと判断してよい。

 

逆にソコソコ成績がよいのに、さらに上を目指そうと転塾させるのは、ものすごい大バクチである。

 

転塾を考えて良いのは成績が悪い場合と、友達関係などが悪化して子供が塾をやめたいといった場合だ。

 

転塾させてかえって成績が落ちるなんて事は、時間のない中学受験の場合、致命傷になりかねない。

 

なぜなら子供の成績が良い原因が、どこにあるのかは微妙な問題だからだ。


 

塾の指導が良いから、成績が良いのかも知れない

子供の成績を伸ばした原因が塾にあるのか、それとも子供本人や家庭にあるのか、そう簡単に見極められることではない。

 

できる子供というのは、親が教育熱心で、読み書きを子供に教えたり、子供を色んなところに連れて行ったりしている事が多い。

 

また家庭学習の習慣があって、勉強するのが当たり前の環境を整えていたりする。

 

こういう場合は、本人のモチベーション次第で学力が伸びる。

 

ところがば家庭学習が足りない分を、塾がしっかり基礎トレーニングして補完してくれている場合もある。

 

家庭で勉強する習慣がなくても、地頭の良い子供というのは、トレーニングすればキチンと学力が伸びる。

 

なので基礎的な学力トレーニングを、毎回しっかりしてくれる塾であれば、あとは学校で枝葉がついて学力が伸びる。

 

ところが合格実績が凄い塾に転塾すると、応用問題や発展問題ばかりやって、基礎学習は家庭でみてくださいとなる。

 

こういう場合、塾に通っていても基礎トレーニングが足りなくなるので、成績はだんだん落ちてしまう。

 

基礎トレーニングは退屈だし、家でコツコツやるのも面倒だ。

 

そうして転塾して失敗すると言うことが起こる。

 

子供の勉強のモチベーションが下がることもある

 

できる子供だって、友達同士で競い合って競争相手を見ながらだからこそ、やる気を出しているのかも知れない。

 

塾内に、絶対に負けたくないヤツがいるからこそ、頑張っているのかも知れない。

 

また塾の宿題が一人でできる程度、あるいは家庭で補完できる程度だったから、塾について行けたのかも知れない。

 

だから成績をもっと上げようと思って転塾させたら、競争したり張り合う相手がいなくなったり、塾で習ったことが家庭学習でカバーできなくなって、結局成績を落とすこともある。

 

「良い成績」は、微妙なバランスの上にできあがっているので、成績がよいのに転塾させるというのは、得策ではない。

 

習い事なども、できる限り続ける方向で、行った方がよい。

 

やめたからといって、成績が上がる保証はどこにもない。

 

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加



ハッピーイングリッシュ
売れてます