末っ子で、甘いもの好きには要注意

学習障害があると、読み書きに時間がかかるので、
その分、普通の子供よりも勉強量が少なくなります。

普通の子供が10分で出来るようなことでも、
ディスレクシアなどがあると、1時間以上かかるんです。

なので普通の子供と同じ時間勉強していても、
学力は当然上がることはありません。

読み書きに時間がかかる分、
他人の3倍以上の勉強時間が必要ですし、
繰り返しの頻度が小さいので、
覚えるまでにさらに時間がかかります。

なのでもう、とにかく小学校1年生レベルから、
読み書きの練習・復習を毎日やる必要があります。

一方、勉強できない子供の2つめのタイプが、
末っ子タイプ」。

頭のできは悪くないんだけれど、
甘やかされて育ったために、
自分の興味があることしかやらない。

できないと親や兄弟が手伝ってくれるもんだから、
面倒なことは周囲の者に手伝ってもらうのが
当たり前で育ってしまったタイプです。

こういうタイプはたいてい、
甘い飲み物や食べ物が手放せなくて、
気性も激しかったりする(たぶん炭水化物中毒)。

末っ子タイプにもバリエーションがあって、

まず、勉強をする気はあるが、
誰かが横にいてくれないと勉強できないタイプ

これは、勉強=誰かとやるもの 
...という条件付けができてしまっていて、
自分一人では勉強できないので、勉強が進みません。

もう一つは、勉強をする気はなく、
とにかく他人と遊びたいタイプ

こちらは、何もしなくても親からモノを与えられていて、
勉強する動機を持たないタイプです。

その一方で兄や姉に遊んでもらいたくて、
兄や姉にくっついていたが、
兄や姉が勉強で忙しくなって相手にされなくなったので、
友達や年下と遊ぼうとするタイプです。

「勉強しなければいけないという強迫観念がない」ので
こういう子供の学力を上げるのは、至難の業です。

家庭で勉強する習慣がなければ、
学力なんてつきません。

算数が出来ないと、就職できない

大手企業に就職しようとすると、
まず課せられるのが筆記試験だが、
比較的簡単な計算すらできない就活生が目立つらしい。

「顕著に感じるのは「学力の差が大きく開いている」ということですね。 筆記試験の科目では数学関連の問題が多いのですが、 問題を解ける学生と解けない学生の差があまりにも大きい。 極端な例だと、分数の通分ができなかったり、 方程式の概念が分からなかったりと、 正直、小学生の算数レベルから指導する場合もある程ですよ」 ※算数できない...就活生の学力低下 "受験勉強フリー"世代の恐るべき実態


私は2003年から個別型の学習塾で約10年間、
小中学生を教えているんですが、
基礎学力の足りない生徒が目立ちますね

で、最近思うのが、勉強が出来ない子供は、
大きく分けて2つのタイプに分かれるということ。

その一つは、
学習障害があって、読み書きの速度が遅い生徒」。

もう一つは、
末っ子タイプで、手伝ってもらうのが当たり前の子供
です。

前者は先天的な素質が原因ですね。

学習障害とは、学習がうまく出来ないタイプの人なんですが、
難読症(ディスレクシア)や計算障害などがあります。

また勉強は悪くないんだけれど、
コミュニケーションに難がある
アスペルガー症候群(高機能自閉症)というのもあります。

統計的に、人口の1割前後は、
難読症があることがわかっていますが、
これらの人は、字を読んだり書いたりするのが苦手で、
本を読むのも文章を書くのも、とても時間がかかります。

普通の生徒が5分で出来るような読み書きも、
3倍から5倍くらいの時間がかかってしまいます。

他の生徒に比べて何倍も時間がかかると言うことは、
同じ時間内で何分の一しか進まないので、回数をこなせない。

なので「遅れるバスはさらに遅れる」式に、
どんどん出来なくなっていくわけですね。


※学習障害については、こちらにまとめてあります

学習障害を克服せよ!学習障害は、誰にでもある。

暑い季節になってきましたが、
こんな記事がありました。


甘い「ハイカーブフード」は脳で中毒反応を引き起こす 


砂糖や精製した穀物、
甘いペットボトル飲料に入っている
果糖ブドウ糖液糖などは、
食べた後に急激に血糖値を上げ、
そのあと低血糖状態を引き起こします。


こういう食品はGI値(グリセミック・インデクス)が高く、
「ハイカーブ・フード」(High-carb foods:高炭水化物食品)
と呼ばれています。


ハイカーブ・フードを食べると、
糖分が一気に吸収されるので血糖値が急激に上がりますが、
特に今みたいな暑い季節は、注意が必要です。

というのも甘いペットボトル飲料をごくごく飲むと、
インスリンの供給が追いつかずに血糖値が急上昇して、
ひどいときには昏睡状態に陥ってしまうんだそうです。


500ミリリットルボトルの甘い飲料には、
普通のタイプで角砂糖12個分の糖分が含まれますし、
スポーツドリンクでも6個分ほどの糖分が含まれますので、
血液中にこれが短時間で入ってくることを想像すると、
かなり怖いですよね。


で、このとき実は脳のある部分で
快感物質が分泌されることを、
アメリカとドイツの研究者グループが
確認したということです。

甘い物が脳の快感中枢を刺激すると言うことは、
以前からよく言われていたんですが、
実はこれがニコチン中毒で反応する部分と同じで、
要するに「たばこ」と同じってことですね。


喫煙者は、たばこが切れるとイライラしたりしますが、
アレと同じことが炭水化物中毒者に起こります。


炭水化物を摂ると血糖値が上がった後、
インスリンが大量に追加分泌されて糖分が吸収され、
その後は急激に低血糖になります。

低血糖になると一時的に元気がなくなるんですが、
そのあと興奮物質のアドレナリンが分泌されはじめ、
急に攻撃的になったりするんですね。

つまり糖分が切れると不機嫌になって、
「キレる」わけです。


こういうタイプの生徒は何人か思い当たりますが、
みんな学力が低かったですね。

集中力がないので勉強が続かないし、
自習も何か食べながらやってますから、
胃腸に血液が取られて頭に血が行きません。


夏はやっぱり、糖分の入っていない飲み物、
カフェインの入っていない麦茶ですね。

ここ最近、人工甘味料の害についてのニュースが
ネットニュースで流れていますね。

欧米の学会で色んな発表があったようです。

たとえばスクラロースという人工甘味料。

これはダイエット・コーラや
ダイエット・ドリンクに入っている甘味料なんですが、
なんと「インスリン抵抗性」を上げて
糖尿病リスクを上げてしまうことがわかったとのこと。

ダイエットドリンクには、
糖質がほとんど含まれないのに、
血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がるので、
これはいったいなぜなんだろう?
...ということで調べた結果のようです。

インスリン抵抗性というのは、
膵臓からインスリンが分泌されても
身体の細胞がそれに反応せずに
ブドウ糖をなかなか吸収しないという現象です。

で、インスリン抵抗性が上がると、
インスリンが追加分泌されても血糖値が下がらないので、
さらに膵臓がインスリン分泌量を増やすんですが、
それが続くと膵臓が酷使されて
糖尿病リスクが高まるということのようです。

またインスリンが出過ぎると、
そのあと急激に低血糖になって
低血糖症も起こります。

低血糖になると集中力がなくなり、
落ち着きがなくなったり、
無気力になったりします。

ところがその後にアドレナリンが分泌され始め、
今度はイライラし始めて攻撃的になったりします。

これがいわゆる「キレる」ってことですが、
考えてみるとこれって、「炭水化物中毒」
「糖質依存症」になってるだけですよね。

要するに血糖値が上がったり下がったりして、
感情が上がったり下がったりして不安定になる。

なので甘いペットボトル飲料は、
ダイエット用であってもなくてもダメってことで、
受験生は気をつけないといけません。

長時間勉強することができなくなりますし。

私が教えている生徒を見ても、勉強の最中に、
甘い飲み物を飲まずにいられない生徒というのは、
たいてい集中力がなく、成績が良くないです。

さらに小太りだともう、
すぐにキレるし始末に負えません。

ペットボトル症候群と言って、
甘い飲料を手放せない人は、急性糖尿病の危険もあるので
とにかく甘い飲み物は飲ませないようにしていますが、
こういう子供はそれでも隙を見て
甘い飲料を買って飲むので困ります。

中学受験生で、言葉の理解そのものが
もう一つの生徒がいるので、
何か良い本がないかと探していたら、
ちびまる子ちゃんの学習本シリーズを発見。

ということで、3冊ほど注文してみたが、
結構面白い本であたりだった。

ちびまる子ちゃんの ことわざ教室 ことば遊び新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

1ページにことわざと説明、3~4コママンガが1つ書いてある。
マンガだけ熟読中。ことわざそのものがマンガに入っているケースと、
ことわざそのものは入っていないが、雰囲気のケースがあるな。

ちびまる子ちゃんの慣用句教室 慣用句新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

体の部分を使った慣用句が四コママンガ付でたくさん載っている。
途中に「慣用句新聞」という、4ページくらいの子供新聞ページがある。
ここにも豆知識がたくさん載っている。


ちびまる子ちゃんの似たもの漢字使い分け教室 〜同音異義語、反対語、類語など〜 (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

これは、同じ読みの言葉の違いを説明している本。
同音異義語は1ページずつ載っているが、反対語や類語は、まとめて載っている。

結局、計算力と語彙力が、最後に大きな差になる

中学受験シーズン開始。

毎年中学受験の子供達を見ると、
結局、国語力と計算力が、
大きな差になることを痛感する。

算数だと計算の正確さと速さがないと、
合格点を取るだけの「速さ」が足りなくなる。

入試の合格最低点は過去問集をみると、
たいていの55%くらいの点数になるのだが、
つまり60点以上取らないと合格できない。

中学受験の場合、算数は1問5点くらいなので、
12問の正解がないとダメ。

では、12問正解するためには、
どれくらいの問題に手をつけなければならないか。

正答率が8割くらいだと考えると、15問、
正答率が7割だと17問以上、
解かねばいけないということになる。

試験時間が50分であれば、
1問あたり3分前後で解かないといけない。

だから計算スピードがないと、
それだけで時間が足りなくなってしまう。

計算も、掛け算を見たらすぐに掛けてしまうような子供は、
計算も煩雑になるし、桁数が大きくなって間違いやすい。

いかに煩雑な計算を簡単に間違えなくやるかという工夫がないと、
偏差値50以上の学校に合格することはできない。

漢字の読み書き練習を後回しにしたツケ。

またこれは、漢字の読み書きに関しても言える。

漢字の読み書きの練習を後回しにしていると、
思いっきりしっぺ返しを喰らうことになる。

読み書きがスムーズな生徒は、
受験直前にラストスパートをかけることができるが、
漢字の読み書き練習がちゃんとできていない生徒は、
受験直前になんと、漢字の読み書きの練習で忙殺されてしまう。

漢字の読み書きセクションの配点は、
学校によってかなり違うけれど、それでも15点以上の配点がある。

漢字の読み書きがスムーズな生徒の場合、
殆ど満点が取れるセクションだけれど、
そこで半分くらいしか点数が取れないので、10点も差がつく。

もちろん本文を読むスピードも全然違ってくるので、
漢字の読み書き練習が終わっている子供と、
それ以外の子供では、とんでもなく大きな差がついてしまうのだ。

塾を選ぶ際も、その辺の基礎練習を
どれくらいやらせているかが、後々大きな差になってくるので、
計算練習や漢字練習を毎回しつこくやらせる塾を選ぶ必要があるね。

個別指導の塾講師を10年やってきて、
分かるようになったことがいろいろある。

その一つが、
小太りの子供は、勉強しない」ってことだ。

だから新しい生徒さんを見たときに、
小太りだったらもう、「またえらい子供が来たな」
「手がかからないとラッキーだが」と思う。

小太りの子供は、十中八九、勉強をしようとしない。

たいていの場合、じっと座っていることができず、
何かあればすぐに席を立とうとするし、
講師の目を盗んで、ジュースを飲んだりおやつを食べようとする。

もちろん、痩せていてもできない子供はたくさんいるのだが、
小太りの子供というのは何らかの理由で欲望が制御できず、
甘いモノが手放せなくなっている。

これはADHD(多動性)というより、
炭水化物中毒・糖質依存症らしい。

糖質依存になってしまうと、落ち着いて勉強などできないから
頭が良くなることなど期待できない。

まず甘いものや間食癖を強制的にやめさせる必要がある。

脳は甘いものなしでも動く。炭水化物(糖質)は、実は不必要な栄養素

少し詳しく書くと、甘いものや炭水化物を摂ると
血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がる。

血糖値が多くなると、膵臓からインスリンというホルモンが出て、
身体の細胞に糖分を取り込むように指示が出される。

ところが糖分を摂りすぎていると、過剰にインスリンが出てしまい、
今度は低血糖の状態になってしまう。
つまり血液中のブドウ糖が不足するわけだ。

こういう低血糖状態になると、
通常は蓄えられているブドウ糖が放出されたり、
脂肪が分解されて、ブドウ糖の代わりにケトン体というものができる。

ケトン体というのは人間のエネルギー源で、
心臓も筋肉もケトン体で動いている。

またブドウ糖が少なくなると
脳もケトン体をエネルギー源として使う。

欧米の小児の難治性のてんかんの治療では、
ケトン食といって2年間も炭水化物無しの食事で治療を行うから、
実は炭水化物が無くても、頭は働くのだ。

ところが普段から甘いものやお菓子ばかり食べ続けている人間は、
この機能が鈍くなってしまって働かなくなる。

そして血糖値が下がったらイライラし始め、
すぐに甘いものやお菓子を食べずにおれなくなってしまう。

つまり甘いモノを食べると
脳に快感物質がドバッと出て
依存症になっているのだ

こうして甘いものやお菓子ばかり食べていたら、
当然カロリーオーバーになるので、
ずんぐりむっくりの小太りになってしまうから、
「これはやばいな」と分かるわけだ。

さらにペットボトル症候群という
急性糖尿病
にもなりかねない。

また糖質過剰が続くと、動脈硬化の原因にもなるので、
心臓病などの病気にもなりかねない。

頭を良くする栄養素は、野菜などに含まれるビタミンや、
魚などに含まれるEPAやDHAしかなく、
甘いモノはもってのほかだと覚えておいて欲しい。

ふくしま式 国語問題集は買い!

ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集、
...というシリーズを3冊買ってみた。

塾の生徒、小学校4~5年生向けの
国語の教材を探していたところ、
この問題集を見つけたのだ。

これを作ったのは元国語教師であり、
現在は国語専門塾を経営している先生で、
小中学生にいかに国語を学ばせるかに
真剣に取り組んでいる方らしい。

さっそく注文して届いた本を開いてみると、
「こ、これは素晴らしい」という内容でびっくり。

この本は反対語(反義語)が1ページに1セットずつ、
100コ載っているのだが、
関連する反対語も4~5セット併せて載っており、
反対語のみならず、同義語や似た語彙も学べる仕組み。

たとえば「外」と「内」のページでは、「外面」「内面」とか
「ポジティブ」「ネガティブ」といった語彙も紹介している。

ページの下半分の練習問題では、
関連語も含めて練習する仕組みになってる。

穴埋め式の語句選択の問題が多いが、
記号でなく漢字で書かせるところも、塾の先生らしい気遣い。

記号で書かせると子供はいい加減に記号を書きかねないし、
実際に字を書かないと覚えられないからね。

全ての漢字にルビが振ってあるので、低学年の子供でも使えるかも。
さすがは国語専門塾の先生が作った問題集というところか。

レベル4では中学受験に出てきそうな抽象語の対比もあり、
国語力がない中学生・高校生にも使えそうな内容。

A4サイズなので、そのままコピーして使うのにも便利。

自由作文風の問題はちょっと小学4年生には難しく
もう少しだけ練習問題がたくさん欲しいところかな。

あるいは復習問題がもう少したくさんあっても良いかも。

★ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集

次は語彙ではなく、「言い換え(具体と抽象)」「くらべる力(比較)」
「たどる力(因果関係)」という3つの表現をベースにした問題集。

★ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

3冊目は、国語の問題に多い「選択肢」を選ぶ問題に焦点を当てた問題集。

現代文のカリスマ講師・出口ひろしさんの言う「イイスギ」など、
選択肢のウソを見破る技や、自分で選択肢を作ってみるなどという問題がある。

中学受験の模試で、選択肢問題の正答率が低い子供には必須かな。

4つの選択肢しかないのに、3回間違えるという子供というのもよくいるし。

★ふくしま式「国語の読解問題」に強くなる問題集〔小学生版〕

面積が分からない子供

面積が分からない、
面積が理解できない子供というのがいるそうだ。

学習障害で、計算が出来ないという障害があって、
女の子などがこれになるとかなり大変だが、
面積が分からないと言うのは珍しい。

そう言う話は聞いたことがあったが、
まさか自分が教えている子供が、
面積の計算が出来ないとは思わなかっった。

面積なんて、ものすごく簡単な考え方だ。

1センチ四方の正方形が
10個入れば10平方センチメートル。

1メートル四方の正方形が
100個分なら100平方メートル。

基本的には、たったこれだけの理屈であるが、
どうも簡単すぎて理解できないらしい。

ただ数えるだけなんだけれど、なぜかわからない。

そしてこういう子供は5年生になって、
三角形だとか平行四辺形の面積を計算する段になると、
もうまったくついていけないようだ。

自分が手を動かさずに、誰かに手伝ってもらうことに慣れているタイプなのか、
面積をワケの分からない量だとでも思っているらしい。

学習障害の人は、空間感覚に優れている人が多いらしいが、
それとはまた別らしい。

とにかく基本の正方形が何個はいるか毎回描かせて、
根気よくやらせるしかなさそうな感じだ。

アールとヘクタール 面積の定義

面積は学年で言うと、小学校4年生で習うことだが、 4年生で既にアールとかヘクタールまで学習する。

アールとヘクタールの定義

アールとかヘクタールというのは、
簡単に言うと農地の面積を表す単位で、
1アールは10メートル四方の正方形の面積と同等。

1ヘクタールは100メートル四方の正方形の面積と同等。

計算式としては

1a(1アール)=10m*10m=100m^2 (100平方メートル)
1ha(1ヘクタール)=100m*100m=10000m^2(1万平方メートル)

と言う風になる。

宮本算数パズル 効果あるのか?

最近落ち着きがなく、全く勉強しなくなった男の子。

頭は良い。学校の進度より多少進んでいる。

物覚えは良く、ちょっとやればすぐに出来てしまう。

なのでどうも先へ先へと進ませていたらしいが、
このごろちょっと反抗的になって、
勉強をやらなくなった。

家庭環境に多少の変化があって、
自分の言い分が通らなくなって窮屈らしい。

さてどうしたものか?
ということで、算数パズルをコピーしてやらせてみた。

宮本算数教室でやっているというパズルだ。

この本には5種類の算数パズルと中学入試問題が載っていて、
道を作る、足し算パズル、ビル、枠で囲うなど。

で、最初は「道を作る」というパズル。
スタート地点からゴール地点まで、
全てのマスを通って一筆書きで行ける道を探すというもの。

障害物があるマスがあって、そこは通れないので、
一通りしか道筋がないようになっている。

例題を見るとヒントが載っていて、
制約があるマスを先に埋めていけとある。

たとえば四隅のマスは、出入り口が2方向しかないので、
どちらかがINで、どちらかがOUTというふうに、決まる。

障害物に接しているマスも同様に制約ができるので、
そういう制約のある升目から埋めていく。

そうすると全体像が見えてきて、
選択肢がかなり狭まっていくので、
そこからがパズルになっていくわけだ。

で、最初にパズルを30分ほどやって完成させてから、
ワークブックで計算を2ページやったら、
あっさりと終わってしまった。

パズルで頭を総動員したので、
すんなりと勉強モードに入れたって事らしい。

あるいは「こんな簡単なパズル」なんて、
朝飯前ってことかもしれない。

で、時間がまだあったので、興味を示した別のパズルのコピーを与える。
1~4までの数字を、4×4マスに、ルールに従って埋めるというもの。

これも、ルールを説明して、しばらく考えていたが、
ようやくルールが分かったらしくて、また集中して解き始めた。

この宮本算数教室のパズル、
果たしてどのような効果があるのか?

※好評につき、再販開始!