中学受験は、2校出願で、乗り切れ!

いよいよ中学受験本番。

 

関東地区の中学受験では、難関校以外は受験日の前々日まで出願できる中学もあるので、最後の最後まで、どの中学に出願しようかと迷ってしまう事も多いはずです。

 

中学受験の入試は、2月1日・2日・3日に集中していますが、4日や5日にも実施している中学も多く、おそらく多くの家庭では、4校くらい受験するのが普通でしょう。

 

そう言う場合、同じ受験日に2校出願しておくというのが、よく使われる戦術です。

 

開成中学や麻布学園などの超難関中学の場合は、2月1日に1発勝負のところが多いので、志望する中学を受験するしかありません。

 

が、他のたいていの中学は複数回受験することができますので、二校出願しておけば、初日の結果によって、二日目・三日目の受験校を変えることができるわけです。

 

また中学側もその辺は考慮していて、2回以上エントリーすると受験料が割引になるようにしているところも多く、また何回受験しても同じ受験料にしているところもあるようです。

 

中学受験・受験校戦術

受験校の選択戦略ですが、基本的には

  • 初日に第一志望の中学を受けるか、
  • それとも合格可能性が一番高い中学から受けるか

という選択が、まず必要です。

 

これは子供さんの性格にもよるので、どちらがよいと言うことは言えません。

 

行きたい中学が決まっていて、どうしてもそこに行きたい場合には、初日・2日目・3日目まで、連続して同じ中学を受けてもいいのです。

 

が、全部落ちる可能性もあります。全部落ちてしまうと、途中で子供が嫌になって、受験をあきらめるという事もよくあることです。

 

初日に、第一志望の中学を受ける場合

そこで、第一志望を初日に受ける場合は、普通はこういう戦術を取ります。

  • 1日目:第一志望の中学を受験
  • 2日目:合格可能性の高い第二・第三志望の中学を受験
  • 3日目:第二志望の中学に受かれば、もう一度第一志望の中学。受からなければ第二志望の中学か第三志望の中学
  • 4日目以降:合格可能性がさらに高い、近くの中学

初日に、第一志望の中学に合格した場合は、もうそれで決まりですので、何も言うことはありません。

 

そこで終わりにしてもいいし、二日目も第二志望の中学を受験してもいいでしょう。

 

二校とも合格してみると、意外と子供は、第二志望の中学の方に行きたがったりと言う場合もあります。これはまあ、贅沢な悩みなんですが。

 

しかしたいていの場合、第一志望を初日に受けるという選択をした場合は、四日目まで受けるという覚悟が必要です。

 

中学受験はそんなに甘くないのです。

 

二日目までに合格してくれれば、かなりラッキーです。

 

子供に5回以上受験させるのは、子供にも親にも非常に大きな負担がかかりますので、なんとか3日目までに合格を勝ち取れるように、受験中学のスケジュールを決めましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加