家庭でプラスのことをやらないと、塾へ行かせてもダメ

子供の成績を上げることができるのは、家庭だけなんです。

 

塾というのは、できるお子様を、もっとできるようにするのは得意です。
しかし、できないお子様をできるようにするのは、とても苦手です

 

なぜかというと、塾でいくらプラスのことやっても、ご家庭でマイナスなことをやられると、どうしようもないからです。

 

塾で「勉強は大事だから、しっかり勉強しようね」と言っても
ご家庭で親御さんが「勉強なんか、役に立たん!」と言ってたら、お子様は楽な方につきますよね?

 

ご家庭でプラスのことをやっておられると、さらにそれを加速できますが、逆だと、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるような状態です。これでは、成績が伸びないのは、当然でしょう。

 

それがわかってないなら、どこへ行っても同じです。
「成績が上がらない」と怒って、塾を転々としても、同じです。


 

ご家庭で、子供が勉強できないようにブレーキをかけているんですから、転塾したってダメです。な〜んも解決しません。当たり前です。

 

だから『家で余計なことするな!毎日塾に来い!』という塾もあるくらいです。
※ただし、相当お高くつきますが...

 

ですから、成績を上げるには家庭学習が肝心なのですが、たいていのご家庭では、ピントが合っていません。

 

勉強のことは全て塾におまかせで、家では別に何もさせていなかったり、逆に子供が持って帰ってくる宿題は、全部やらせなければならないと思いこんで、子供をヘトヘトにさせていたり...

 

だからこそ、親が学ぶ必要があるんです。

 

勉強を? いや中学受験の常識を!

このエントリーをはてなブックマークに追加