国語の段階、辞書は1人一冊

国語学習の基本は、やっぱり読み書きなんだけれど、これって基礎トレーニングだから、子どもにとってはあんまり面白いものではないらしい。

 

だからここをサボる子どもは、国語の学力は上がらないと思った方が良い。

 

元々、四年生以下の子どもというのは好奇心が旺盛で、何でも知りたいと思う場合が多いわけだけど、この時期に辞書調べを存分にさせ、図鑑などを与えておかなければ、5年生を過ぎたあたりから漢字が苦手になったりするようだ。

 

辞書調べというと、京都の立命館小学校では、1人に一冊辞書を与え、調べた言葉に付箋を貼っていくという教育方法をとっている。

 

調べた言葉やわかったことはノートにどんどん書いていくし、資料などもドンドン貼り付けるので、ノートも辞書もものすごい分厚さになっている。

 

そこまで徹底する必要はないと思うが、辞書は子どもにそれぞれ一冊というのは、大事な考えだね。

 

これって当たり前のようでいて、実は辞書がない家庭というのも結構ある。

 

というのも昔、4年生くらいの子どもを連れてきたお母さんが、「辞書は買った方が良いでしょうか?」と質問されてビックリしたことがある。

そんなもん、子どもが小学校に進学した頃に揃えたり、おじいさん・おばあさんからもらったりするもんでしょうが、、、、と言いたいところではあったが、残念ながらできない子どもの家庭には、子どもが読めるような辞書も図鑑もなかったりする。

 

恐らく子どもがいろいろ親に尋ねても、適当にあしらっていたりするんじゃないかと思う。で、子どもは尋ねることをあきらめて、知識欲が他に向かう。

 

できない原因は案外、家庭に辞書があるかどうかにかかっているのかも知れない。

 

考えてみたら、自分も日常生活でそんなには辞書を使わない。

 

近ごろは、わからない言葉があればインターネットですぐに調べられるし、またその一方で、調べたい言葉が辞書に載っていないことも多い。

 

だから私もハッキリ言って今、国語の辞書は手元にない。

 

英語の教材を作っているので、英和辞典や英英和辞典はよく使うが、国語の辞書っていうのは使わないし、たしかに一冊も置いてないね。

 

これはまあ、ある程度、基本的な語彙がすでに足りているせいでもあるんだけれど、子どもの場合はその基本的な語彙のデータベースを頭の中に構築するまで、辞書というのはどうしても必要だ。

 

辞書調べをさせると、辞書を熱心に読んでいる子どもが結構いるから、そういうときはそっとしておきたいモノだ。

 

ただ、受験まであと数ヶ月という段階で、辞書に熱中するのもちょっと困るね。

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加