小学生のうちにつけなければならない学習習慣

小学生のうちに、子供につけさせないといけない学習習慣がいくつかある。

 

一つ目は、毎日、家で勉強する習慣

 

二つ目は、分からないことを辞書などで調べる習慣

 

三つ目は、漢字や計算のドリルをする習慣

 

四つ目は、答え合わせをして、自分でやり直す習慣


 

あまりにも当たり前すぎるようなことだが、これを子供が自分でやれるかどうかが、その後の勉強を大きく左右する。

 

というか、中高校生で勉強できない人というのは、これがまずできていない。全くできていない。

 

中学受験の経験者ですら、これができていない場合があって、ビックリする。

 

親御さん曰く、「ウチで勉強させるのはかわいそうだと思って、家では勉強をやらせていなかった」。

 

んでもって、毎日塾へ行かせている、しかも二つも三つも。

 

でも、自分でモノを調べたり、自分で自分をトレーニングしたり答え合わせをする事ができないから、結局自分で学力を上げることができない。

 

残念ながら、他人につきっきりでトレーニングしてもらわないと、勉強できない体質になっている。

 

こういう人を自学体質に変えるのは、なかなか難しい。

 

成績が上がらなかったら、塾のせいにしたりするが、それはさすがに違うやろ。

 

自分で勉強するクセが大事

家で勉強する習慣は、5分でもやればいい。

 

ドリルを一枚とか、場合によっては1問だけでもいい。

 

とにかく必ず何かやることだ。

 

毎日2時間とか、そういうことだと続かない。

 

それから、決まったタイミングでやる。

 

時刻をきめると、その時刻を過ぎてしまうとやらなくなる。

 

だから学校から帰ってきたらとか、おやつや晩ご飯を食べる前とか、そう言うタイミングでやる。

 

ものを食べた後だと、眠くなってしまうので、ものを食べる前にやる。

 

終わったらおやつ、と言うのが一番いいパターンだ。

 

二つ目の「分からないことは調べる」というのも、大事な習慣だ。

 

小学生低学年の頃は、特にモノを知りたがっている時期なので、読める辞書や、読める図鑑を揃えておいた方が良い。

 

大人でも、調べるという癖がついていない人が結構いるから、これは大事な習慣だ。

 

社会人になってから、困る。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加



ハッピーイングリッシュ
売れてます