「できるところだけ!」の勉強は、人生を狂わす

中学受験が近づいてくると、どうしても「出るところだけ」勉強させたくなる。

 

四字熟語がでるというので四字熟語だけとか、ことわざが出るというので、ことわざだけとか。

 

そう言う勉強をどうしてもさせたくなる。

 

もちろんやらないよりはやった方がいいが、それだけで合格点が取れるわけではない。

 

こういう事を考える親というのは、あんまりまともに受験勉強した事がない親。

 

大学受験をした経験がなかったり、系列学校から系列大学に入ったタイプ。

 

地力がないと、合格点なんか取れないんだと言うことが、分かっていない。

 

要するに、定期テストのような一夜漬けの感覚なんやね。

 

だから「出るところだけ」教えたがる。

 

「出る順」で勉強するのはいいが、「出るとこだけ」はハッキリ言ってダメ。
「出るところだけ」といって教えると、ただの試験用の暗記になってしまう。

 

九官鳥やオウムに言葉を教えているだけのようなもんだ。


 

こういう勉強法を子供にさせると、中学に上がってから勉強しない。

 

一夜漬けで成功してしまうと、地力を積み上げるような事はやらない。

 

中3くらいになって、系列高校に進学させてもらえないなんていう子供は、たいていこういう勉強をしている。

 

系列大学に進めない高校生も、似たようなもんだ。
地道に物を覚えたり、練習を積むという事ができない。

 

中学受験の時に、親が子供をなだめすかしてやらせて、子供はごほうび山盛りで条件をつり上げて、そうやって勉強してきたタイプ。

 

自分で勉強する癖が付いていなくて、自分で調べる癖が付いていなくて、系列の高校や大学に進学するつもりだから、どのタイミングでも、知識の集約や再構成をしていない。

 

「できるところだけ」をやるのは、試験前1ヶ月だけ。

 

それまではもうとにかく、読み書きや計算など、地力をつける事に集中しないと、人生が狂う。

このエントリーをはてなブックマークに追加