単位変換は分数でやる。

単位変換の話の続き。

 

シンプルな単位変換ができるようになったら、次は少し複雑な単位変換の計算に取りかかる。

 

時速を分速に直すとか、分速を時速に直すとか、そう言った計算だ。

 

これも分数で計算するが、二階建てになる。

 

下の問題のような感じ。

分数を使った単位変換の例

 

さらに複分数で計算。

 

分数の中にさらに分数があるというのは、小学生にはちょっと難しいかも知れないが、分数も単に数字だから、ということを理解してもらえばいい。

 

ちなみに複分数が出てくるのは高校からだが、見慣れないだけで、計算自体はそんなに難しいわけではない。

 

慣れの問題だし、できるようになると単位変換はグッと楽になる。

 

こういうやり方は、高校の化学の物質量の計算(モル計算)になると、真価を発揮するので、大学受験を見据えて、早いウチになれておいた方が良い。

 

わかりにくければ、こういう風に分解して計算しても良いだろう。

 

 

分数というのは、わり算だって事が分かっていれば、そんなに難しくはない計算だ。

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加