単位変換は分数でやる。

単位変換の話の続き。

 

シンプルな単位変換ができるようになったら、次は少し複雑な単位変換の計算に取りかかる。

 

時速を分速に直すとか、分速を時速に直すとか、そう言った計算だ。

 

これも分数で計算するが、二階建てになる。

 

下の問題のような感じ。

分数を使った単位変換の例

 

さらに複分数で計算。

 

分数の中にさらに分数があるというのは、小学生にはちょっと難しいかも知れないが、分数も単に数字だから、ということを理解してもらえばいい。

 

ちなみに複分数が出てくるのは高校からだが、見慣れないだけで、計算自体はそんなに難しいわけではない。

 

慣れの問題だし、できるようになると単位変換はグッと楽になる。

 

こういうやり方は、高校の化学の物質量の計算(モル計算)になると、真価を発揮するので、大学受験を見据えて、早いウチになれておいた方が良い。

 

わかりにくければ、こういう風に分解して計算しても良いだろう。

 

 

分数というのは、わり算だって事が分かっていれば、そんなに難しくはない計算だ。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加