中学入試チャレンジゼミ 漢字・語句

  • 中学入試チャレンジゼミ 漢字・語句
  • 中学入試チャレンジゼミ ことばのきまり

 

中学入試チャレンジゼミとは、株式会社文理から出ている、国語の中学受験用、まとめの小冊子です。
漢字・語句編と、ことばのきまり編の2冊があります。

 

文理のホームページによると、


中学入試によく出題される「漢字・語句」「ことばのきまり」を体系的に整理した教材です。

とあります。

 

ページ数も、48ページで、非常に薄っぺらい問題集です。

 

こういう風に「●●ゼミ」という名前の付いている問題集の場合は、たいていこういう薄っぺらい問題集ですが、だからといって一ヶ月やそこらで終われるものではありません。

 

最低でも3ヶ月くらいは見ておいた方がいいでしょう。

 

小学生向けのこういう小冊子は、見た目の薄っぺらさに騙されて、すぐに終わって3周くらいできるんじゃないか? などと考えたりしますが、そんなに簡単には子供は覚えてくれません。

 

人間の脳というのは、生存に必要なことはしっかり覚えますが、こういう風に単語や熟語の羅列を覚えようとすると、なかなか覚えないもんです。


特に小学生の場合は、人生経験が短いのです。

 

なので単語や熟語を覚えても、具体的なイメージが頭に思い浮かばないので、覚えられないのです。

 

これはもう、子供時代にどれくらい遊んだか、どれくらいモノを見たか、どれくらい本を読んだか...ということに依存しますので、この問題集を使って効果がどのくらいあるかは、全く未知数です。

 

中学受験というのは、そういう難しさもあるので、講師がいくら熱心に指導しても、徒労に終わることが良くあるんですね。

 

親御さんには、その辺のことをご理解いただきたいと思います。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加