出来なかった理由を尋ねるな

出来る子供と出来ない子供、何が大きく違うのかというと、出来ない子供は、出来ない理由をいくらでも挙げられるということだ。

 

要するに、いくらでも言い訳が出てくると言うことで、なぜそういう言い訳がいくらでも出てくるかというと、普段から親や先生から、出来ない理由を尋ねられているってことだ。

 

いつも尋ねられ、そして怒られていたら、そりゃ当然、言い訳をたくさん考えるよねえ。

 

日頃からそう言う言い訳・エクスキューズというモノを考え出したら、どうやったら出来るようになるか、と言う風に物を考えない。

 

出来るようになるには「どうやったら出来るようになるか。」ということを常に考えていないと、出来るようにはならない。

 

どうやったら100点が取れるか、どうやったら解ける問題が解けるか。

 

そこに焦点を当てなければならないのに、親が出来なかったことを責めて問いただすようなことをすると、「どうやったら良い成績が取れるか」
と言う風な考えには至らない。

 

つまり出来ない子供というのは、親がもう既に出来ないように教育しているってことだ。

 

気を付けないといけないね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加