国語の成績が悪いのは(9)物語文の分析

国語の問題を解くとき、フリーズしてしまう子供がいる。

 

何を書いていいのか分からないし、何をすればいいのか分からない。

 

そういうとき、問題文や小説の場合は、登場人物の動きや仕草をハッキリさせるといい。

 

物語文・小説ができる子供の場合、頭の中で登場人物が勝手に動いてくれる。

 

それは、小説や物語が好きな子供に良くあるのだが、初めて読む文章でも、具体的なイメージが頭の中に浮かぶ。

 

風景やいろんな人物のキャラクターなど、問題を読みながらすぐに頭にできてくる。

 

だからこそ楽しいし、小説や物語を読んでいる。

 

そう言う子供の場合、国語の物語文や小説の問題は
比較的簡単で、何も工夫しなくても問題が解けてしまう。

 

一方、物語文や小説が解けない子供の場合、そう言う具体的なイメージが頭に浮かばない。

 

頭に浮かんでも、登場人物がうまく動いてくれない。

 

だから登場人物の心情が良く読みとれないってことだ。

 

 

問題を解くには、下ごしらえが大事
なので最初は、意識的に登場人物毎の動きを
捉える工夫が必要になる。

 

前にも書いたけれど、自分なりに記号を作って、新しい登場人物が登場するたびに、印を付ける。

 

印は何でもいいのだけれど、私の場合は人物は丸で囲み、その人の情報が書いてある部分に
線をつなぐように教えている。

 

頭の中だけでこういう作業をすると、記憶出来る量で天井ができてしまって、長い文章を読みこなすことができなくなるから、とにかく問題文に印を付けさせる。

 

そして心情を読むには、行動・言動・しぐさといった、ちょっとした表現が手がかりになるので、それにも何らかの印を付けさせる。

 

傍線でもひいて、誰の行動や仕草かをハッキリさせる。

 

主人公や登場人物の心情に変化があれば、そこも何かの印をする。

 

場面が変われば、仕切り線を書いて、段落を分けておく。

 

最初から全部やるように教えると、覚えきれないので、とにかく最初は登場人物が新しく出てきたら丸で囲んで、その人物の情報とリンクさせる。

 

「たかし」、、、「ボク」のライバル
「ゆみこ」、、、同級生の女の子・転校生

 

、、、といったように。

 

そうすると、何となくボンヤリしていたことが、言葉となってハッキリしてくる。

 

見通しが良くなると、フリーズして
何にも答えが書けなかった子供も、答えを書きだす。

 

国語の問題を解くにも、そう言う下ごしらえが必要って事だ。

 

 

中学入試国語のルール (講談社現代新書)

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加