母親の仕事は、男の子を自立させる事。

最近、ニホンのお母様方は、何をやっていらっしゃるんだろうねと、よく思う。

 

特に男の子に対して、間違った方法で子育てしているように思えて仕方ない。

 

子供に「言う事を聞かせよう」、「言う事を聞かせよう」として、男の子を母親に依存させようとする。

 

子供が自立しようとしても、自立させないように、無意識にあの手この手を繰り出す。

 

子供がお金を持ったら、お金を取り上げる。

 

勉強しようとしても、勉強道具も用意しない。

 

小学校高学年になっても、家に図鑑どころか、子供用の辞書すらない。

 

余分のノートも置いていないし、鉛筆や赤ペンなどの筆記用具の余分さえ、ない。

 

それで「うちの子、勉強しないんですけど、どうしたらいいんでしょう」とくる。

 

子供が自分でモノを覚える小学校低学年時代に、まともな勉強道具を与えなかったら、勉強しようと思ってもしようがない。

 

そして親が勉強しているところを
常日頃から見せなければ、子供だって勉強しようとはしない。

 

つまり「子供が勉強しない」んじゃなくて、「子供が勉強できない状況を親が作っている」んだ。

 

 

親に依存させようとして
子供が言う事を聞くように、親に依存させようとしたら、結局子供は自立できなくなる。

 

誰かに依存しなければ、生きていけなくなる。

 

子供に親の言う事を聞かせようとして、子供が能力を伸ばすのを邪魔すると、子供は親に依存しなければ生きていけない。

 

そうなるとどうなるかというと、一生家にいる事になる。

 

子供としては、元々親に依存しなければ生きていけない。
だから「●●したら、××あげないよ」が、効くわけだ。

 

ところが子供がやろうとする事を、一つ一つ丁寧に邪魔すると、子供は「何もしてはいけないんだ」というメッセージを
親から受け取る事になる。

 

で、そこから子供がどうなるかというと、ハラがある子供は家を出たり不良になるし、ハラがない子供は、引きこもりになる。

 

ハラがある子供は、生命力があるので、自分を依存させようと言う親など見限って独立しようとする。

 

一方ハラのない生命力の弱い子供は、何にもできなくなって、何年もずっと家の中にいる事になる。

 

子供に、自分の言う事をきかせようとはかったら、一生子供の面倒を見る事を覚悟しないといけない。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加