塾の費用を、安く上げるコツ。

最近、勉強時間の配分について、よく考える。

 

どういう配分がいいのか? というと、もちろんそれはもう生徒それぞれだ。

 

完成形としてベストだと思うのは、

  • (1)基礎トレーニング(『計算と熟語』など)30〜60分
  • (2)前回の復習や宿題直し30〜60分
  • (3)新しい項目の学習60分

くらいだろうか。

 

中学受験なら、最初の30分くらいで『計算と熟語』を1回分やって、間違えたところを復習。これでだいたい30分から60分くらいかかる。

 

で、前回やったところの学習を30〜60分くらいやって、新しいところを60分。

 

良くできる子どもだと、算数と国語をあわせても3時間で終わるが、できない子どもは3時間で1科目ということになる。

 

というのも、良くできる子どもは間違えが少ないので、最初の小テストも2〜3問しかやり直さずに済むが、できない子どもは小テストの直しと宿題直しだけで2時間以上かかったりするからだ。

 

個別指導の場合は、できなければできるまでやるけれど、集団授業の塾だと、消化不良のままドンドン進むことになる。


勉強とは、まず、覚えること。次に、覚えること。結局覚えること。

学力のベースにあるのは、まず読み書きだけれど、ここがダメな子どもはここから始める必要がある。私はこれに「基礎受験学力」という名前を付けた。※はかせ塾参照。

 

基礎受験学力というのは、要するに、「実力テスト」というテストの点数で測れる学力のことだ。

 

実力テストとか、もぎ試験とか、そう言ったテストで点数が取れる学力が『基礎受験学力』で、これがつまり入試で意味のある学力だ。

 

学校の定期テストなど、狭い範囲から出題されるテストに答える力が、世間一般に言われている「学力」なんだけれど、これは全然あてにならない。

 

中学生では、通知票などで「3」を取っていても、英語で曜日をキチンと書けない生徒など、ザラにいる。目の前の定期テストでそこそこの点数を取っているので「3」をもらっているが、定期テストが終わればもう忘れているレベル。

 

言ってみれば「一夜漬け学力」だけど、これは受験の時には、全然役立たない。なにしろれは、一ヶ月しか覚えていない「短期記憶」だから、1ヶ月以内に消えてしまうものだから。

 

だからこの学力を、長期記憶に移行させて、基礎受験学力にしなければならない。そのために、毎日、『計算と熟語』などで、ランダムに復習することが必要なわけだ。

 

となると、勉強というのは結局、覚えることに始まり、覚えることに尽きる。

 

覚えた知識を忘れないように、毎日思い出す。いつでも出せるように、ランダムに毎日小テストをする。

 

雑誌なんかでは「中学は、知識よりも、考える力を重視する」なんて格好良いことを書いているが、それも基礎受験学力あってのこと。これが身に付いていなければ、考えようにも、考える素になるアイディアがないわけだから。

 

中学受験の場合は、家でそれをきちんとやる。そうすると、塾でも学習が楽になるし、わからないことも減る。通塾日数も減らせるし、公立も全然違ってくる。

 

塾費用を安く上げるには、家で計算と熟語などをシッカリやらせるべきだね。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加