国語の成績が悪いのは(18)自他の区別が付かない

国語の問題の解き方のつづき。

 

物語文や小説というのは、登場人物の心情が問題になる。

 

つまり「他人の気持ちが分かる」、「みんなの気持ちが分かる」
というのができないといけない。

 

もちろん学習障害の気があったり、おっちょこちょいで自己中心的な性格の子供の場合
これはけっこう難しい話だ。

 

一人っ子で兄弟がいなかったり、友達が少なかったりしたら、なかなか他人の気持ちをおもんばかることも難しい。

 

そしてもう一つ大事なのは、「自分とは別の存在として、登場人物の気持ちが分かる」
ということだ。

 

主人公に感情移入してしまって、「自分ならこう考える」というのを選んでしまう。

 

自分の気持ちを参考にするのであればよいが、登場人物も自分と同じように考えると思ってしまうと、複雑な心情表現の場合、答えが合わないことが多い。

 

難しいことだけれど、あくまでも、物語の外側に自分がいないといけない。

 

 

常識は、正しいとは限らない
物語文では、登場人物に感情移入すると、感情移入出来る人物の気持ちしか分からないことになる。

 

演劇などが好きで、いろんな役になって遊んでいるような子供は、それでもうまく行くのかも知れないけれど、「自分には自分の考えがあって」
「他人には他人の考えがある」
ということが腑に落ちないとダメだ。

 

それと同様に、評論文などでは、「常識を疑う」という文章がよく取り上げられる。

 

「常識ではこうだが、実際はこうだ」
というタイプの文章で、著者は常識に対して違うことを主張する。

 

こういう問題の場合、まじめな子供ほど、ひっかっかる。

 

まじめな子供は常識というのを疑わないし、親の言うことをまともに信じる。

 

これも学習障害の一種にあるのだけれど、親の言うことをまともに信じてしまうタイプだと、それに反することは良心が働いてできなくなる。

 

かつて、現代文のカリスマ講師・出口汪(でぐち・ひろし)さんの本に、「東大を狙うような人ほど、現代文で引っかかる」
というようなことが書いてあった。

 

その原因は、「よくできる受験生ほど、自分なりの意見を持っていて、それが著者の意見と衝突したり混ざって
自他の区別がつかなくなる」ということだそうだ。

 

だから他の教科はできるのに、国語だけができない場合は、その子供なりの意見があって、それをかたくなに信じている場合もあるってことだ。

 

こういう場合、子供の意見は子供の意見として尊重しつつ、いろんな人にいろんな考えがあるのだと言うことを
腑に落ちるように教える必要がある。

 

ただ、それってけっこう難しいことで、私が腑に落ちたのは、20代後半くらいだった。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加