算数は受け身、国語は発信しないと身に付かない

国語や算数が得意な子供というのは、特徴があります。

 

算数が得意な子供は、パズルを解くのが好きで、解けないと悔しがります。

 

答えを突き止める事が好きで、答えが一つに決まる算数は格好のオモチャです。

 

ただ、算数の場合は、そこに問題がないといけません。

 

解くべき問題があって、しかるべき答えがあって、だからこそ挑戦できるのが算数や数学です。

 

算数が得意な子供というのはだから、どちらかというと受け身なんですね。

 

自分で問題を作って自分で問題を解く、という子供は、滅多にいません。

 

そこにある問題を解く。

 

なくなったらまた問題を探して、次を解く。

 

そうやって大学まで、あるいは一生何かの答えを追求していくわけです。


 

国語が得意な子供の特徴とは

一方、国語が得意な子供には、2種類ありますね。

 

一つは、本を読むのが好きな子供。

 

もう一つ、お話を作ったり、文章を書いたりするのが好きな子供です。

 

本を読むのが好きな子供というのは知識欲旺盛で、世の中の事を知りたい、あるいは知りたい事がある。

 

だから言葉を覚えるということですね。

 

一方、お話を作ったり、文章を書いたりするのが好きな子供。

 

こちらはどちらかというと、積極的で発信型と言えるかも知れません。

 

何か言いたい事がある。

 

何か伝えたい事がある。

 

そういうときに、何とかしてその何かを伝えようとするときに、言葉というモノが必要になる。

 

そしてその言葉も、他人に伝わらないといけないから、伝わる言葉を探す。

 

必然的に、言葉の精度が増していく。

 

いろんな人のブログなどを読んでると、突然文章が突然変わる事がありますが、それは明確に何かを伝えようとしていると言う事でしょう。

 

何かがきっかけで、出来事を正確に伝えようとしているとか、あるいは正確さをあきらめて雰囲気を伝えようとしているとか。

 

いずれにせよ、他人に何かを伝えたいと思った瞬間に、言葉というのは変わります

 

そして他人の書いた文章が、何を伝えようとしているのか、考えるようになります。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



ハッピーイングリッシュ
売れてます