受験勉強、夏までは徹底的に、基礎トレーニング!

受験勉強で、一番大事な事は、基礎トレーニングだ。

 

これは大学受験生にとっても、高校受験生にとっても、そして中学受験でも、やっぱり同じ事だ。

 

具体的に言うと、大学受験では、公式の運用と英文や英単語、専門用語などを覚えること。

 

高校受験・中学受験では、計算トレーニングと漢字の読み書き、それから作文。

 

高校受験では、英単語や英文を書くトレーニングも必要だろう。

 

これらは、学力の一番下に位置するものだが、一朝一夕にできるものではない。


 

計算にしても語句の読み書きにしても、何しろ自由自在に操れなければいけない。

 

なので、普段から練習していないと、いけない。

 

スラスラできないと、それより先に進めないし、何よりも問題を解くスピードが落ちる!

 

<できる>ではなくて、<速く><正確に>できないといけないのだ。

 

基礎トレーニングなしに上達なんて、あり得ない

ただこういう基礎トレーニングというのは、退屈だから、なかなか続かない。

 

来る日も来る日も、同じ事を淡々とやる必要があるから、なかなかやる気も起こらない。

 

しかし、基礎トレーニングをせずに、上達するのは無理だから、なんとかやるしかない。

 

野球でもサッカーでも、バレエでもピアノでも、ウォーミングアップを兼ねて、基本練習をする。

 

これは成功法の解釈では、「自分ができる」ということを確認する儀式なんだそうだ。

 

つまり、簡単なことを達成することで、自分の潜在意識に「自分はできる」という暗示をかけるわけだ。

 

基礎トレーニングをうまく続けるには

だから基礎トレーニングをうまく続けるには、毎日の分量をできるだけ減らすこと。

 

5分、いや、1分でできそうな量にして、9割くらいはできるモノにすること。

 

「やる気」の本には、すぐにできることなら、やろうという気が起こるが、時間がかかったり、できそうにないことには「やる気物質」がでないとある。

 

だからもう、ホントにすぐにできることで、勉強をスタートさせる必要がある。

 

そして、何かごほうびがあると、続きやすい。

 

これも「やる気」が出る条件の一つだが、達成すると何か報酬があることが重要だ。

 

ただしごほうび目当てで勉強を続けさせると、ごほうびがないと、勉強する気が起こらないと言うことも起こってしまうので、なかなか難しいんだが。

 

まあとにかく、夏までは基礎トレーニングを確実に続けよう。

 

上っ面の勉強は、やっても実は時間の無駄だ。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加



ハッピーイングリッシュ
売れてます