甘いペットボトル飲料は、毎日飲んじゃダメ。

ここ最近、人工甘味料の害についてのニュースが
ネットニュースで流れていますね。

 

欧米の学会で色んな発表があったようです。

 

たとえばスクラロースという人工甘味料。

 

これはダイエット・コーラや
ダイエット・ドリンクに入っている甘味料なんですが、なんと「インスリン抵抗性」を上げて
糖尿病リスクを上げてしまうことがわかったとのこと。

 

ダイエットドリンクには、糖質がほとんど含まれないのに、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がるので、これはいったいなぜなんだろう?
...ということで調べた結果のようです。

 

インスリン抵抗性というのは、膵臓からインスリンが分泌されても
身体の細胞がそれに反応せずに
ブドウ糖をなかなか吸収しないという現象です。

 

で、インスリン抵抗性が上がると、インスリンが追加分泌されても血糖値が下がらないので、さらに膵臓がインスリン分泌量を増やすんですが、それが続くと膵臓が酷使されて
糖尿病リスクが高まるということのようです。

 

またインスリンが出過ぎると、そのあと急激に低血糖になって
低血糖症も起こります。

 

低血糖になると集中力がなくなり、落ち着きがなくなったり、無気力になったりします。

 

ところがその後にアドレナリンが分泌され始め、今度はイライラし始めて攻撃的になったりします。

 

これがいわゆる「キレる」ってことですが、考えてみるとこれって、「炭水化物中毒」
「糖質依存症」になってるだけですよね。

 

要するに血糖値が上がったり下がったりして、感情が上がったり下がったりして不安定になる。

 

なので甘いペットボトル飲料は、ダイエット用であってもなくてもダメってことで、受験生は気をつけないといけません。

 

長時間勉強することができなくなりますし。

 

私が教えている生徒を見ても、勉強の最中に、甘い飲み物を飲まずにいられない生徒というのは、たいてい集中力がなく、成績が良くないです。

 

さらに小太りだともう、すぐにキレるし始末に負えません。

 

ペットボトル症候群と言って、甘い飲料を手放せない人は、急性糖尿病の危険もあるので
とにかく甘い飲み物は飲ませないようにしていますが、こういう子供はそれでも隙を見て
甘い飲料を買って飲むので困ります。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加