国語の成績が悪いのは(13)随筆は、認識の変化に注意する

中学受験の国語学習法のつづき。

 

物語文・小説に似た文章として、随筆(ずいひつ)というのがある。

 

随筆とは、エッセーなどとも呼ばれるが、日常生活で起こった出来事を元に、色々考えた文章だ。

 

たとえば、『梅雨時にカタツムリを見た。
カタツムリの殻はいつ見てもキレイだ。
なぜなんだろうと思ったが、よく分からなかった。
しかしこれを研究して、製品開発に役立てた人もいる。
・・・・』

 

一見、日記風の文章なのだけれど、そこに様々な考察というモノが入ってくる。

 

元々「言いたいコト」があって、それを読者に説明するための文章ではなく、日常生活での見たことや、伝聞をきっかけに、現在の状況を考え直したりする。

 

だから結論というのは、最初から出てこないし、結論という物自体がない場合もある。

 

ただパターンとしては色々あるだろうが、問題として採用されるのは、筆者の認識に変化があるような文章だ。

 

日常生活のふとした体験をきっかけに、色々考えを巡らせる。
 ↓
今までの自分なりの認識をまとめる
 ↓
出来事や調べたことなどを利用して考え直す
 ↓
新たな認識に至る

 

という感じ。

 

変化があるから、「筆者の最初認識はどうだったか」
「筆者の後の認識はどうだったか」
などという風に、問題が作れる。

 

物語文では、登場人物の心情の変化が問われるが、随筆・エッセイなどでは、認識の変化が問われる。

 

しかもこの場合、考えている人は大人であって、子供ではない。
この辺もちょっと難しいところかも知れない。

 

文章も、子供向けに書かれたものではないので、熟語や言葉の使い方も、けっこうレベルが高い。

 

学校によっては、評論文の替わりに随筆が出たりするので、「小説・物語文」と「説明文・論説文」というふうに
2パターンの文章だけ練習するのではなくて、慣れておいた方がいい。

 

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加