「勉強ができない子供」には、二種類ある

「勉強ができない子供」と一口に言っても、2通りある。

 

一つ目は、「勉強しないから、できない子供」。

 

これは文字通り、勉強しないから、できない場合だ。

 

で、もう一つは、「勉強できないから、できない子供」。

 

こっちは、勉強しないからではなく、勉強できない場合。

 

要するに、「できない」から「しない」。
その結果「できない」というわけだ。

 

これは、似ているようで、実は全然違う。

 

塾で十年以上教えている先生でも、この違いが分かっていない場合も多い。

 

「家庭での勉強が大事です」
「宿題をきちんとやってきて下さい」

 

塾でできることなんて、タカが知れているから、家で勉強してもらわないと、確かに成績なんか上がらない。

 

これ自体は本当のことではある。

 

勉強すればできる子供は、家で習ったことを復習すれば、成績は上がるし、少なくとも下がることはない。

 

だから家庭学習は、確かに大事ではある。

 

できないからできない子供には、地道な穴埋め作業が必要

ところがこれ、「勉強できないからできない子供」には、当てはまらない。

 

勉強できないのには、それまでの段階のどこかで穴があるわけだから、その穴を埋めてあげないと、家で勉強することなんてできない。

 

勉強しようとしても、すぐに分からないことやできないことが出てきて、結局そこで止まってしまう。

 

分からないことが多いと、やる気も失せるし、あくびや眠気が起こる。

 

で、何にも進まないで終わってしまう。

 

さらに「自分はできないんだ」という失敗体験までする羽目になる

 

 

できる子供というのは、できること自体が楽しいし、できることが成功体験になっているので、新しいことにもチャレンジできる。

 

ところができない子供というのは、できないという体験を積んでしまうので
そのまま放って置くと、ドンドンできなくなっていって、最後にはどうしようもなくなってしまう。

 

こう言うときは、とにかく何が分かっていないのかを見つけ出し、そこを埋めていく作業が必要だ。

 

子供だって、勉強しようとしているときは、勉強できるようになるといいなと思っている。

 

ところがそこで分からないことだらけのことをやらされると、いっぺんに頭が止まってしまう。

 

だからもう思い切って簡単な問題だけやらせて、成功体験をつませつつ、穴を見つけてそこを埋めていく。

 

穴を埋める作業は、ハッキリって根気のいる作業だけれど、足し算、引き算、かけ算、わり算、など、いろんな計算問題を組み合わせた問題集を毎回やれば、徐々に埋まっていく。

 

そして分からないことが減ってくると、やることが見えてくるので、子供のやる気も復活してくる。

 

そこまで行くのに、何ヶ月もかかるのではあるが、「勉強できないからできない子供」には、それしかない。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加