甘いものは頭を悪くする。糖質依存症の子供たち。

個別指導の塾講師を10年やってきて、分かるようになったことがいろいろある。

 

その一つが、「小太りの子供は、勉強しない」ってことだ。

 

だから新しい生徒さんを見たときに、小太りだったらもう、「またえらい子供が来たな」
「手がかからないとラッキーだが」と思う。

 

小太りの子供は、十中八九、勉強をしようとしない。

 

たいていの場合、じっと座っていることができず、何かあればすぐに席を立とうとするし、講師の目を盗んで、ジュースを飲んだりおやつを食べようとする。

 

もちろん、痩せていてもできない子供はたくさんいるのだが、小太りの子供というのは何らかの理由で欲望が制御できず、甘いモノが手放せなくなっている。

 

これはADHD(多動性)というより、炭水化物中毒・糖質依存症らしい。

 

糖質依存になってしまうと、落ち着いて勉強などできないから
頭が良くなることなど期待できない。

 

まず甘いものや間食癖を強制的にやめさせる必要がある。

 

脳は甘いものなしでも動く。炭水化物(糖質)は、実は不必要な栄養素
少し詳しく書くと、甘いものや炭水化物を摂ると
血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がる。

 

血糖値が多くなると、膵臓からインスリンというホルモンが出て、身体の細胞に糖分を取り込むように指示が出される。

 

ところが糖分を摂りすぎていると、過剰にインスリンが出てしまい、今度は低血糖の状態になってしまう。
つまり血液中のブドウ糖が不足するわけだ。

 

 

こういう低血糖状態になると、通常は蓄えられているブドウ糖が放出されたり、脂肪が分解されて、ブドウ糖の代わりにケトン体というものができる。

 

ケトン体というのは人間のエネルギー源で、心臓も筋肉もケトン体で動いている。

 

またブドウ糖が少なくなると
脳もケトン体をエネルギー源として使う。

 

欧米の小児の難治性のてんかんの治療では、ケトン食といって2年間も炭水化物無しの食事で治療を行うから、実は炭水化物が無くても、頭は働くのだ。

 

ところが普段から甘いものやお菓子ばかり食べ続けている人間は、この機能が鈍くなってしまって働かなくなる。

 

そして血糖値が下がったらイライラし始め、すぐに甘いものやお菓子を食べずにおれなくなってしまう。

 

つまり甘いモノを食べると
脳に快感物質がドバッと出て
依存症になっているのだ。

 

こうして甘いものやお菓子ばかり食べていたら、当然カロリーオーバーになるので、ずんぐりむっくりの小太りになってしまうから、「これはやばいな」と分かるわけだ。

 

さらにペットボトル症候群という
急性糖尿病にもなりかねない。

 

また糖質過剰が続くと、動脈硬化の原因にもなるので、心臓病などの病気にもなりかねない。

 

頭を良くする栄養素は、野菜などに含まれるビタミンや、魚などに含まれるEPAやDHAしかなく、甘いモノはもってのほかだと覚えておいて欲しい。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加