勉強のできない中学生から学ぶ事(1)

子供の将来の事を考えると、小学生時代に身につけておきたい事は、たった三つになる。

 

その三つとは、

  • 漢字・言葉の読み書き
  • 計算力(正確さとスピード)
  • (自分で)勉強する習慣

だ。

 

勉強のできない中学生を見ると、みごとにこの3つが欠けている。

 

まず、漢字が読めない。言葉を知らない。

 

学習障害(識字障害)などがあると、多少は仕方がないんだけれど、しかしコレだって実は小学生のウチに
読み書きをしっかり練習させておれば、全然違う。

 

というのも識字障害というのは人口の15%くらいはいて、おそらくは10人に2人はいるといわれるのだが、実際は問題になるくらいひどい子供は少ない。

 

おそらくは家庭で読み書きの練習をしっかりやらせれば、かなり解決出来るって事なんだろう。

 

しかし逆に言うと、識字障害に気が付かず、読み書きの練習をやらせていない場合、とんでもなくできない子供になってしまう。

 

小学校の頃に普通の成績でも、中学に上がると突然、その現実を知る事になる。

 

塾に行かせているくらいでは、ハッキリ言ってどうしようもない。

 

こういう子供は、毎日読み書きの練習をさせて、ようやく普通レベルになるわけで、週に1度や2度ではどうしようもない。

 

小学生で、読み書きができない子供の場合は、成長したらできるようになると期待してもならない。


このエントリーをはてなブックマークに追加