知識×応用力=学力。たくさん覚えるより、覚えた知識を使えることが大事。

中学生で、もう一つ伸び悩んでいる生徒を見ると、小学生の時や、中1の時に、余計なことを覚えてしまったことが原因になっている場合がよくある。

 

以前にも書いたが、速さの計算の便法の「き・じ・は」なんかもそうで、速さというのがどういう意味であるのかを覚えないで便法だけ覚えても、大抵ダメだ。

 

その時だけは覚えているが、あとあと速さが計算できないと言うパターンに陥ってしまうのだ。

 

中一で習う一次方程式だって、学校では等式の性質として4つの性質を学ぶが、解くときはそれを使って解いたら間違いの元。

 

シンプルに、ミカン3個で120円。

 

じゃあ1コはいくら? という計算に持ち込んで解くやり方のほうが、間違えないし、速い。

 

大事なのは、基本式を1本だけ覚えて、あとは式の変形で計算するということ。

 

これができるようになると、覚えることがグッと減る。

 

いわゆる「きはじ」の図

速さを、

  • (速さ)=(みちのり)÷(時間)
  • (みちのり)=(速さ)×(時間)
  • (時間)=(みちのり)÷(速さ)

と覚えるより、1番目の定義式か2番目の式だけ1つ覚えて、あとは求める量を□において、そこから変形できる方が、3つ覚えてやるひとよりも将来伸びる。

 

 

食塩水の濃さも

  • (濃さ)=(塩)÷(全体量)
  • (塩)=(全体)×(濃さ)
  • (全体量)=(塩)÷(濃さ)

と3つ覚えるよりも、1番目の定義の式か、2番目の式だけ覚えて、求める量を□にして計算する方が、絶対に良い。

 

というか、数学というのは元々、そういうモノなんだから。

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加