中学受験の始め方記事一覧

最近、勉強時間の配分について、よく考える。どういう配分がいいのか? というと、もちろんそれはもう生徒それぞれだ。完成形としてベストだと思うのは、(1)基礎トレーニング(『計算と熟語』など)30〜60分(2)前回の復習や宿題直し30〜60分(3)新しい項目の学習60分くらいだろうか。中学受験なら、最初の30分くらいで『計算と熟語』を1回分やって、間違えたところを復習。これでだいたい30分から60分く...

受験でどうしても外せない勉強は、基本的な計算練習や、漢字の読み書きだ。中学受験の場合は、算数の基本問題(一行問題とか基本文章題)も含めて、とにかく外せない。ところがこういう計算練習や漢字の読み書きというのは、ものすごく時間がかかる。何しろ常用漢字には1900語あまりのうち、1000語ほどが小学校で覚えないといけない漢字だから。中高生の場合は、漢字900語の読み書きに加えて、英単語1000語や英文の...

突然ですが、あなたのお子様は、どんなお子様でしょうか?* 学校のテストではいつも、100点を取ってくる* 家で毎日、計算ドリルや熟語の書き取りをやって、成績をメモしている* 模試や塾の恒例テストなどでも、いつも安定して良い成績をあげているもし、3つとも自信を持って『ハイ!』とおっしゃられるなら、ここから先は、お読みになる必要はありません。あなたのお子様は、おそらく目指す学校に合格し、そして進学して...

あなたのお子様を、できるお子様に変身させるには、まず現在の状態を知ることが必要です。お子様が、すでに中学受験の勉強を始められていらっしゃるなら、今、あなたのお子様に何が必要か、すぐに調べることができます。お子様が過去に受けた模試や塾内テストの答案を、出してきてください。各問の正誤が載っている詳しい成績表があれば、それでも構いませんが、できれば生の答案を調べましょう。※実力テストの答案は、成績表と一...

勉強がわからないと、頭がボーっとします。気が抜けたようになったり、疲れ切ったような表情になったりします。でもこれは、サボっているわけではありません。普通の現象です。50年以上前に書かれた教育書に『勉強の技術』という本があります。この本はトム・クルーズも少年期に学んだという本で、来日時に、当時の首相だった小泉氏にプレゼントされた本です。この本の中で、著者のロン・ハバートは、こう書いています。『人間は...

お子様の学習状況を調べるために、前回、ちょっとしたチェックをやってもらいました。お子様の過去の模試や月例テストの答案を持ってきて、必答問題が9割以上正解を出しているかどうかです。これが出来ていれば、次のフェイズ(ステップ)に進んでも構いませんが、7割とか8割では『話になりません』。入試本番では、もっと難しい問題が出ますので、それでは合格はおぼつかない。一方、「必答問題が9割解けなくても、他で点が取...

必答問題を確実に解くなんていうようなコトは、受験では常識も常識です。そしてそのための準備をするって言うことが、実は受験勉強なのです。これは中学受験のみならず、高校入試や大学入試でも、最重要のセオリーです。だからこれをお読みのあなたが、受験を勝ち抜いてこられた方なら、「何を今さら当たり前のことを...」と思われたことでしょう。※私も実は、こんな当たり前のことを大きく書くのは恥ずかしいです。だけど、そ...

子供の成績を上げることができるのは、家庭だけなんです。塾というのは、できるお子様を、もっとできるようにするのは得意です。しかし、できないお子様をできるようにするのは、とても苦手ですなぜかというと、塾でいくらプラスのことやっても、ご家庭でマイナスなことをやられると、どうしようもないからです。塾で「勉強は大事だから、しっかり勉強しようね」と言ってもご家庭で親御さんが「勉強なんか、役に立たん!」と言って...

いろんな生徒を見てきた経験から言うと、結局、家庭での学習が、子どもの学力を決める。というのも、障害を抱えていても、家でしっかり勉強している子どもは、それなりにちゃんとできるし、逆に表面上、障害を抱えていない普通の子どもでも、家で勉強していない子どもは、全然できないからだ。もちろん子どもによって、同じだけの時間勉強しても、身に付く量は全然違うのも確かである。同じように教えても、理解力や習得速度がまる...

90年代後半から始まった『ゆとり教育』というやつ。学習時間を減らして、さらに自由に使える時間(総合学習)で学校独自の授業をやれってヤツ。これって結局、できる子どもや、できる親のためのモノでしかない。というのも、できる子どもというのは、少し勉強させればすぐに覚えてくれて、しかも忘れないから。そしてできる親は、学校なんか、さほどあてにしていない。できる親というのはたいてい学歴が高いし、少なくとも読み書...

勉強というのは、トレーニングしないと、できるようにはならない。何しろ小数とか分数とかいっても、これってほんの数百年前にできた代物で、誰でも簡単に理解できるようなものではない。言葉も漢字もアルファベットも、勝手に身に付くものではなくて、練習しなければできないもの。だからとにかく、ある程度できるようになるまで、家でしっかり訓練が必要なんだ。この訓練を怠ると、4年生ごろから成績に差がつくようになる。とい...

勉強しない子供というのは、二通りいる。一つは、やらないでもできる子供。生まれつき頭が良いというか何というか、とにかくやらないでもできるわけですから、やらない。こういう子供は、しばらくすると、勉強ができない子供になる場合がある。ウサギとカメの競争ではないですが、カメに知らないウチに抜かされて、何年かするとできない状態になっていたりする。もう一つは、できないからやらない子供。こちらは、できないから、や...

中学受験が近づいてくると、どうしても「出るところだけ」勉強させたくなる。四字熟語がでるというので四字熟語だけとか、ことわざが出るというので、ことわざだけとか。そう言う勉強をどうしてもさせたくなる。もちろんやらないよりはやった方がいいが、それだけで合格点が取れるわけではない。こういう事を考える親というのは、あんまりまともに受験勉強した事がない親。大学受験をした経験がなかったり、系列学校から系列大学に...

入試本番が迫ってくると、どうしても焦る。焦るけれど、ここまで来たらもう新しいことを学ぶのは難しい。苦手だった問題が急に解けるようになることも期待できないし、できることと言ったら、できる問題を確実に解くと言うことだけ。それにはどうしたらよいか?入試問題というのは、基本的に初見、つまり初めて見る問題だから、初めて見る問題でも解けるように、「ヨコの勉強」を徹底する必要がある。そして入試会場も、初めての会...

ヨコの勉強法というのは、簡単に言うと、いろんな単元の問題を1題ずつ解く勉強法だ。大学受験だと、図形と微積分と確率と行列と変換と、、と言う感じで1問ずつ解く。中学受験の場合は、日能研の「計算と熟語」という問題集や桐杏学園の「計算力テスト」塾用教材だと、つむぎ出版の「算数の名人」(上・下)なんていうのがあるが、あんな感じの組み合わせ問題を解く。入試問題の過去問があれば、それをやっても良い。ただしその時...

国語の成績が悪すぎる。こういう子供はまず、漢字や言葉の読み書きがさっぱりできない。漢字や言葉の読み書きができないから、問題文に何が書いてあるのか分からない。問題文が難しい場合は、致し方がない場合もある。というのも中学入試の国語の文章というのは、一般の大人が読むレベルの文章であったりもするから。養老先生の「バカの壁」とか、最近は茂木健一郎さんの色んな文章とか、基本的に大人が読む本からの出題も多い。こ...

12月になった。関西ではもう中学入試まであと5週間。関東でも、入試本番まであと7週間だ。ここまで来たらもう、学力を伸ばすよりも基礎力を再確認した方がいいだろう。「知ってる」と「できる」は違うし、「できる」と「解ける」は違うし、「解ける」と「速く正しく解ける」は違う。「できる」ことであっても入試では「速く正しく解ける」でないと意味がない。問題を見た瞬間、解法がひらめく、あるいは解き出せる、そういうス...

夏休みに伸びる子供、伸びない子供。その違いは一体何か?毎日のように塾の夏期講習に行かせても、9月の模試で成績が上がる子供と下がる子供がいる。恐らく理由はただ一つ。夏休みの午前中に、漢字の書き取りや計算など、基礎力を徹底的にやっていたかどうかだ。初めて中学受験されるご家庭では、夏休みにビッチリ夏期講習に送り出せば、それで成績が上がると思っているかも知れないが、基本的に夏期講習で成績が上がると言うこと...

中学受験、9月からの勉強法。6年生の9月以降の模擬テストは、どのテストも全範囲で行われる。ここで実は、子供の地力があるかどうかが、初めてハッキリする。地力がない子供は9月以降のテストで、成績が乱高下するハズ。というのも地力がないと、ベースの得点(基礎点)が安定的に取れず、特に国語の偏差値なんかは大きく変動するのだ。地力というのは簡単に言うと、基本事項の理解であるけれど、国語に置いてはまず、熟語の読...

出来る子供と出来ない子供、何が大きく違うのかというと、出来ない子供は、出来ない理由をいくらでも挙げられるということだ。要するに、いくらでも言い訳が出てくると言うことで、なぜそういう言い訳がいくらでも出てくるかというと、普段から親や先生から、出来ない理由を尋ねられているってことだ。いつも尋ねられ、そして怒られていたら、そりゃ当然、言い訳をたくさん考えるよねえ。日頃からそう言う言い訳・エクスキューズと...

男の子というモノは、とにかく自分のやり方にこだわる子供が多い。しかしそれは男女の性差であって、こだわらないように親が言ってもムダである。「男の子の脳、女の子の脳」を読むの方でも書いたが、男の子と女の子は、生まれたときから住んでいる世界が違う。というのは、男の子の多くは「耳が聞こえにくい」ので大声で話さないと、こちらが言っていることが頭に入らない。だから男の子ばかりの家庭では、大声でお母さんが怒鳴る...

小中学生の勉強を見ていて、つくづく思うのが、国語力と成績の関係だ。私自身は理科系の人間で、国語というのはハッキリ言ってあまり得意ではない。高校時代も、文章のわかりやすさと、文章の長さの関連が、実はよく分からなかったという記憶がある。分かりやすい文章というのは、主語と述語が揃っていて、しかも文章自体短い。逆にわかりにくい文章というのは、古文のように主語がなかったり、述語が何か良く分からなかったりして...

中学受験シーズン開始。毎年中学受験の子供達を見ると、結局、国語力と計算力が、大きな差になることを痛感する。算数だと計算の正確さと速さがないと、合格点を取るだけの「速さ」が足りなくなる。入試の合格最低点は過去問集をみると、たいていの55%くらいの点数になるのだが、つまり60点以上取らないと合格できない。中学受験の場合、算数は1問5点くらいなので、12問の正解がないとダメ。では、12問正解するためには...