漢字は結局、方眼ノートに親が見本を書いてやるのが一番。

『秘密のケンミンショウ』で、長野県の中学生は毎日、白文帳というノートに漢字をたくさん書いているという話が紹介されていた。

 

白文(はくぶん)というのは、送りがなのついていない漢字だけの文という意味らしい。漢文などで返り点などの付いていない漢文を白文と読ぶのを名前に採用したってことだろう。

 

で、その白文帳というのがどんなものか、ちょっと興味を持った。

 

漢字をノートに書かせるというのは、塾でもよくやっている方法だけれど、漢字専用の白文帳なんて言うモノがあるなんて、初耳だったからだ。

 

塾では、費用の面から、安いリングノートを使っていたもんだから、ちょっと気になって調べてみた。そしたら白文帳というのは、1センチ方眼のノートだってコトだった。

 

長野県の中学生は、この1センチ方眼の中に1つの文字を書き込んでいて、一日に2〜300文字くらいを書いているらしい。

 

もちろん、1センチ方眼に納まらないような時は、二つ三つ使っても言いようだが、『龍』なんて言う字ももこの方眼の中に書いていたから、結構小さな字だね。

 

漢字の練習には、何ミリ方眼がいいか?

で、漢字の練習には、一体何ミリ方眼が良いのだろう?と、考えた。

 

方眼ノートは、100円ショップのダイソーにも売っているので、とりあえず8ミリと5ミリを買って試してみた。

 

ダイソーには、5ミリ、8ミリ、10ミリ、12ミリというのがあったが、5ミリは10ミリにも使えるので...ということだ。

 

漢字の練習だから、タテヨコ2マスずつの計4マスで1字くらいの大きさで使うイメージだが、結論から言うと、どっちでも良さそうだ。

 

10ミリ方眼の場合、タテ3マス×ヨコ2マスで2文字書けて、文字の左右に空間が作れるし、8ミリ方眼では、タテ3マス×ヨコ2マスで、ひとマス間隔を空ければいい感じ。

 

ワタクシ的には、8ミリ方眼ノートを使った方が大きな字になってしまうので、8ミリ方眼は小学生向け、5ミリ・10ミリ方眼は小学生高学年以上向けって感じだ。

 

B5の方眼ノートなら、ノートをヨコに使って、10ミリなら単語を11コ、8ミリでも9〜10コくらい書ける。

 

それ以上、漢字を詰めると、子どもがやる前からやる気をなくす。パッと見て、これくらいならやれそう!と思う程度でないと、できない子どもには難しい。

 

で、練習回数だけど、お手本の下に3回ずつ練習できるくらいがちょうど良い。

 

3回くらいがちょうどよく、それより多いとだんだん字が崩れていく傾向があるので、ビシッと3回練習させればいい。

 

2回では少なく、4回では多い。この辺がノウハウと言うもんだ(^o^)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加