国語の成績が悪いのは(15)エッセイと評論の違いは?

中学受験の国語の問題は、子供に「道徳」や「常識」を求めているという話がある。

 

特に中位以下の学校の場合、他の人の気持ちが分かったり、みんなの気持ちが分かったりすること、ということを要求しているという。
なので、世の中の常識というモノがわかっているかが
非常に大事になってくる。

 

実際、文章中をいくら読んでも選択肢が選べない場合も多く、道徳の観点からでしか答えが選べなかったりする。

 

だから、常識のない子供や、他人の気持ちが分からない子供は
国語の問題が苦手になると言う。

 

ところがこれは、小説や物語文の問題を解く場合であって、評論文の場合は、逆のことが求められる。

 

つまり、道徳や常識があると、逆に解けないこともあるわけだ。

 

 

評論文は、常識を疑う
論説や評論といった文章は、たいていは一般常識を疑う文章だ。

 

疑わない場合もあるのだけれど、原則としてその文章を書いた著者は、何か世の中に「言いたいこと」があるわけだ

 

一般常識を疑うほかには、世の中の大原則に異を唱える場合もあるし、日常生活での若者のマナーに文句を言うこともある。

 

しかし評論がエッセイ・随筆と大きく違うのは、結論はハッキリしている

 

ということだ。

 

エッセイや随筆というのは、結論はハッキリしていない。

 

「〜なんじゃないかと思った」
「〜であるべきのような気がする」
「〜と私は思うが、あなたはどうか?」

 

結論はあるようでいて、それをハッキリ示さない。

 

エッセイや随筆は、人によって価値観が違うという前提で、「自分はこう思う」というコトを書いているからだ。

 

しかし論説や評論というのは、著者が、自分の言いたいことを
読者にプレゼンしている文章だ。

 

言いたいことは原則として一つであって、それをいろんな例を引き合いにしながら、読者に納得させようとしている。

 

だから、著者が一体何を言いたいのか、それを突き止めることが大事になる。

 

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】


このエントリーをはてなブックマークに追加