小学実力練成テキスト、学校にも受験にも対応

小学実力練成テキストとは、文理という会社の中学受験に使える教材です。

 

文理は、教科書ガイド・教科書ワーク・教科書ドリルなどという定番問題集を書店販売している会社で、この教材は大判で、非常に見やすく、まとまった本です。

 

小学実力練成テキスト・ラインナップ

小学実力錬成テキストのラインナップは、次のようになっています。

  • 国語(4年・5年・6年)152〜192ページ
  • 算数(4年・5年・6年)152〜168ページ
  • 理科(5年・6年)184〜200ページ
  • 社会(5年・6年)200ページ

ページ構成は、

  • 要点のまとめ
  • 例題
  • 基本問題(1ページ)
  • 発展問題(2ページ)
  • 章末問題(2ページ)

となっています。非常に見やすい作りです。

 

特に理科と社会は、要点や説明が、各項目、2ページずつあります。

 

小学実力練成テキスト・長所と欠点

このテキストの最大の特徴は、学校のカリキュラムに沿った構成を取りつつ、中学受験にも使えるところです。

 

たとえば、たいていの中学受験用問題集は、5年生で公倍数や公約数、分数の通分や約分・計算など、6年生で学ぶ計算が盛り込まれていますが、この小学実力練成テキストでは学校のカリキュラム通り6年生版に載っています。

 

社会も、受験用の問題集は、たいてい5年生の後半は歴史になっていますが、小学実力練成テキストは、5年生版に地理、6年生版に歴史・政治経済が載っていて、学校のカリキュラム通りです。


 

じゃあ、受験には全然対応できないのかというと、基本問題が多少レベルが高く、発展問題や章末問題は、実際の中学入試で出題された問題が載っています。

 

また小学校では習わない、つるかめ算や旅人算なども、6年生のテキストに特別研究ページとしてしっかり載っています。巻末に少し...と言うことではなく、学校のカリキュラムの問題の隙間に1つずつ挿入されている感じです。

  • 公約数・公倍数(6年生)
  • つるかめ算
  • 分数の足し算(6年生)
  • 旅人算
  • 立体(6年生)
  • 時計算
  • 体積(6年生)

...という感じで、<学校で習う項目><受験用の算数><学校で習う項目><受験用の算数>...と交互に進んでいく構成です。

 

問題の難易度も易しすぎず、難しすぎず、入試問題もたくさん掲載され、中学受験のみならず、勉強ができて、考えることが大好きな小学生でも使える数少ない良書です。

 

小学実力練成テキスト・使用時期

小学実力練成テキストは、学校のカリキュラムに沿っていますので、中学受験用の問題集として利用する場合は、半年くらい前倒しで使うといいでしょう。5年生版を4年生の2月くらいから、6年生版を5年生の秋〜2月くらいから使い始めても、入試には十分間に合います。

 

ただしこの場合、5年生の受験用模試には対応できないかもしれません。模試は6年生から受験すると良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加