【受験の戦略】ヨコの勉強を徹底する

入試本番が迫ってくると、どうしても焦る。

 

焦るけれど、ここまで来たらもう新しいことを学ぶのは難しい。

 

苦手だった問題が急に解けるようになることも期待できないし、できることと言ったら、できる問題を確実に解くと言うことだけ。

 

それにはどうしたらよいか?

 

入試問題というのは、基本的に初見、つまり初めて見る問題だから、初めて見る問題でも解けるように、「ヨコの勉強」を徹底する必要がある。

 

そして入試会場も、初めての会場になるから、初めての場所でも実力を発揮できるよう、いろんな場所で問題を解く経験を積ませるするべきだ。

 

タテの勉強、ヨコの勉強

勉強法にも、タテの勉強とヨコの勉強がある。

 

タテの勉強というのは、同じ科目の
一つの単元ばかり勉強する方法だ。

初めての単元を学習する場合は、この勉強の仕方になる。

 

同じ科目の同じ単元ばかり勉強していると、だんだんコツというのが見えてくる。

 

同じコトばかりやっていると、勘が働く。
いわゆるアナロジー(類推)っていうヤツだね。

 

なのでずっと同じ単元ばかりやっていると、かなり難しい問題まで解けるようになる。

 

がしかし突然、難しい問題を一題だけ出題されたとき、それが解けるかどうかは別の話だ。

 

たいていの場合、どうやって解くのかすっかり忘れている。

 

ホップ・ステップ・ジャンプというように、段階を踏まずにいきなりジャンプしないといけないわけだから、まず十中八九、解けない。

 

入試問題というのは、そういう問題を組み合わせているので、突然問題を出題されても、解けるようなトレーニングが必要なわけだ。

 

それがつまり、ヨコの勉強法と言うことになる。

 

ヨコの勉強というのは、簡単に言うと、入試のシミュレーションに近い勉強法と言うことだ。

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加