勉強しない子供に勉強させる方法。やる気は成功体験から

勉強しない子供というのは、二通りいる。

 

一つは、やらないでもできる子供。

 

生まれつき頭が良いというか何というか、とにかくやらないでもできるわけですから、やらない。

 

こういう子供は、しばらくすると、勉強ができない子供になる場合がある。

 

ウサギとカメの競争ではないですが、カメに知らないウチに抜かされて、何年かするとできない状態になっていたりする。

 

もう一つは、できないからやらない子供。

 

こちらは、できないから、やらない。

 

嫌なことは避けるのが人間の性ですから、これも当たり前だ。

 

勉強ができない子供に、勉強をさせる場合、まず、できることから始めないと、さらにやらなくなる。

 

だから、そういう場合、思い切って易しい問題から始める必要がある。

 

易しすぎるかな、と思うくらい、満点とれそうな問題を、毎回やらせる。

 

目安としたら、10問中8〜9問解けるくらいが一番良いですが、やらない子供の場合は、全問簡単な問題から始めた方が良いかも。

 

そして点数をつけて、表やグラフにする。

 

100ポイントたまると、ご褒美をあげることにすると、さらにやる気がでる。

 

そうやって、とにかく平日は毎日勉強するということを習慣づける必要がある。


いろんな問題を組み合わせてやる

それから、もう一つ大事なことは、同種の問題ばかりやらないこと。

 

必ず、いろんな問題を組み合わせてやる。

 

足し算なら足し算、かけ算ならかけ算ばかり。そういう問題はダメ。

 

残念ながら書店にある問題集やドリルというのは、そういうタイプだけど、できない子供にこれはダメ。

 

というのも、できない子供というのは、一旦できるようになったら、そこでやめてしまう子供だから。

 

できる子供というのは、一旦できるようになったら、そこからさらに練習する。
より速く、とか、より正確に、より確実に、と言う風に、スキルアップを目指す。

 

一方、できない子供というのは、一旦できるようになったら、そこでおしまいにする。
時間がかかっても、できたら良いんだと思っているから、そこから練習しない。

 

で、そこでやめてしまうので、一ヶ月したらまたできなくなってしまうわけだ。

 

人間の脳というのは、どうでも言い記憶は、3日たつと忘れるようにできている。
一生懸命練習しても、一ヶ月たったら忘れるようにできている。

 

だから、一旦できるようになったら、それを定期的に使わないと、またできなくなってしまうわけです。

 

毎日子供を成功させる。ここがスタートであり、ゴールです。

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加