成績が悪い子供がボーっとしているのには、ワケがある

勉強がわからないと、頭がボーっとします。

 

気が抜けたようになったり、疲れ切ったような表情になったりします。

 

でもこれは、サボっているわけではありません。普通の現象です。

 

50年以上前に書かれた教育書に『勉強の技術』という本があります。

 

この本はトム・クルーズも少年期に学んだという本で、来日時に、当時の首相だった小泉氏にプレゼントされた本です。

 

この本の中で、著者のロン・ハバートは、こう書いています。

『人間は実物をイメージできないと、押しつぶされたような顔つきになったり、頭痛や胃痛、目が回ったりする。

 

そして言葉の意味を理解しないままでいたり、間違えて覚えていると、空っぽになった気分になったり、疲れ切った気分になる。
そこにいない(存在しない)ような気分になったり、ある種のヒステリーを起こしてしまう』

と。

 

勉強をしない、成績があまり良くないお子様というのは、学校や塾で、実はそういう状態なんです。

 

こういうお子様が、塾でボーっと時間を潰しているのは、サボっているワケじゃありません。


知っていなければならない知識を、しっかり身に付けていない状態で、段階を飛び越して先に進んでいるので、言葉の意味がわからなくて、苦しんでいらっしゃるのです。

 

だからもしあなたのお子様が、問題を解いているときにボンヤリしていたり
あるいは逆にヒステリックな態度を見せるようなことがあれば、思い切り基礎的な勉強に立ち戻らせねばなりません。

 

辞書の引き方や図鑑の見方から教え、絵日記を描かせたり、基本的な図や表やグラフをしっかり描けるように、練習させなければなりません。

 

でなければ結局、付け焼き刃で入試を迎え、進学してからも学業が低迷するってことになりかねません。

 

受験勉強や子供と1年以上格闘し、その結果がそれでは、親御さんも子供さんも報われませんよね?

広告

子育て 人気教材

★文字に興味を示さない、数字が読めない、それは親が教え方を知らないから。動画で知育を学べ!つみきカレッジ動画講座

★ベテラン個別指導講師が教える学習障害なんかに負けない方法

★アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」

★引きこもりはこうやって直せ!伊藤幸弘・ひきこもり解決DVD

★イヤイヤ期の子供には、どう対処すればいい? 保育士・広瀬つみきが教えるイヤイヤ期の子育てつみきカレッジ【共感子育て法】

このエントリーをはてなブックマークに追加