ほめてくれる塾

個別指導塾が、ウチの子供に合っている。

 

そう考えた場合、次は1対1個別にするか、大部屋個別にするか、親としては迷うところだろう。

 

が、どちらにしても結果は大して変わらない。

 

高額な費用を支払って1対1にしたからと言って、できない子供ができるようになる確率は、大部屋個別と同じだ。

 

というのも勉強ができない子供は、基本的な学力トレーニングが圧倒的に不足しているだけで、それを解決するのが最優先だからだ。

 

基礎トレーニングは、勉強でもスポーツでも重要だが、退屈だし根気が必要な作業だ。

 

それをしっかり子供にやらせることができる塾なら、OKだろう。


 

勉強ができない子供を大きく2つに分けると、

  • 基礎学力が足りない
  • 基礎学力はあるが、回り道をしている

という事になるのだが、国語や英語では、語彙力や、作文力が足りないのである。

 

算数・数学では、計算力がないし、トレーニング量も足りない。

 

これをしっかりとやってくれる個別塾なら、どこでもいいし、それをやってくれない個別塾なら、行かせる価値はない。

 

個別指導塾のメリットは、生徒一人一人の苦手や特性に合わせて、指導すると言うところにあるから、それをやってもらえないなら、1対1でも大部屋個別でも同じなのである。

 

そしてまた、勉強ができない子供というのは、できないことに苦手意識や、トラウマを持っている場合も多い。

 

できないと怒られるとか、友達から見下げられるとか、そういったことがあって、できないことを隠そうとする。

 

勉強に関しては、できなければ、できるように練習すればいいだけなのだが、なかなかそうもできない。

 

タバコを吸っている人が、なかなか禁煙できなかったり、メタボになっている人が、なかなかダイエットに成功できなかったり、そういうことに似ている。

 

なぜかというと簡単で、人間というのは「うまくいかないことは、やりたくない」モノだからである。

 

人は、成功体験で伸びる!

これは「やる気」を出すための本によく載っていることだが、人間のやる気というのは物質で、有限なのだ。

 

「やる気」というのは、テレビゲームなどでよくある体力ゲージのようなもので、一日に使える「やる気」の量は、決まっているし、使い方も決まっている。

 

だからたとえば「やる気物質」が100あったとしても、その「やる気」を勉強や禁煙やダイエットに振り向けられるかどうかは、脳の判断にゆだねられている。

 

だから子供に「勉強しなさい」と言っても、「やる気」が出るかどうかは、脳がOKを出すかどうかにかかっている。

 

大人の都合で、勝手に子供にやる気が出ると言うことはない。

 

だから「●●できたら××してあげる」などといった「ごほうび制」や、うまくいったらほめる、という親からの働きかけが必要なのである。

 

 

ほめることで、やる気を引き出す

「やる気」を出すためには、

  • やれば、成功しそうなこと(楽しいこと)
  • やれば、ほめられること(すぐに成果が期待できること)

が必要だ。

 

なので、こういった成功体験をさせてくれる塾でないと、勉強ができない子供は続かない。

 

だから宿題をやってこないと言って叱られる塾は、勉強ができない子供には向かない。

 

宿題をやってきたら、ほめられる塾でないといけない。

 

コレを解消してくれる塾であれば、変な話どこでも良い。

 

そういうことを意識して配慮している塾や講師なら、できなくても子供を叱らないし、苦手なところを少しずつ少しずつ埋めてくれる。

 

そうなると勉強に前向きに取り組めるようになるし、成績も悪くても中以上にはなる。

 

間違っても、宿題で子供を叱る塾はやめた方がよい。

 

そういうネガティブな感情を子供に平気で植え付ける塾では、十中八九、成績は良くならない。

 

できない子供には、とにかく成功体験が必要なのである。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット



ハッピーイングリッシュ
売れてます