子供に自分で「まる付け」をさせるには

大事なことだけれど、「やる気」というのは物質だ。

 

「やる気」というのは脳の中にある物質で、限りがある。

 

だから、答え合わせをする「やる気」を出すには、答え合わせをすることが、子供にとって何らかの利益がないといけない。

 

答え合わせをいい加減にやる子供というのは、丸ツケを自分でやっても利益がないと感じているわけだ。

 

人間がやる気を出す条件としては、

  • (1)確実に成果が上がること(終了の期限が見えていること)
  • (2)社会的な評価を得られること(ほめられるようなこと)
  • (3)緊急事態(火事場の馬鹿力)

だという。

 

やる気を出す話については、以前、大学受験のブログで書いたが、簡単に言うと、

  • すぐにやれそうなこと
  • ほめられるようなこと
  • おしりに火がついている状態

でないと、やる気は出ない。

 

丸ツケ自体は、「すぐにやれそうなこと」ではあるが、やっぱり面倒くさいものだ。

 

だから、丸ツケができない子供には、5問やったら丸ツケ、10問やったら丸ツケ、あるいはもっと極端に、一問やったら丸ツケ、という風にこまめに丸ツケさせるようにした方が良い。

 

それから、「答えが合っていたら、ほめること」。

 

たとえば10問中、5問できたときに、「今日は、5問もできた」というか「今日は、5問しかできなかった」とダメ出しをするか。

 

これで、大きく違いが出る。

 

小学生低学年くらいの子供の場合、親が喜んでくれるのを見るのは、うれしい場合が多い。

 

それは自分のやったことに対する評価であり、他人に与えた喜びでもある。

 

なので、できた数をうれしそうに数えるのと、できなかった数を苦い顔で数えるのとでは、子供に与えるインセンティブが全然違う。

 

また、「満点でないとダメ!」というやり方でも良い。

 

何度もやり直しをさせて、満点になるまで繰り返す。

 

満点になれば、おやつだとか特別ポイントを与え、そうでないと無し、というインセンティブでもいい。

 

これは、「満点でないとダメだよ」というシグナルを子供に伝える手段でもあるから、何らかの形でやる必要がある。

 

満点が必要だと分かると、子供は満点を取るための努力をするので、答え合わせも必然的に一生懸命になる。

 

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加